220-0011
神奈川県横浜市西区高島
2丁目18−1 そごう横浜 9F

電話マーク

お電話

メニュー

ガミー<br class=スマイル イメージ">
見出しアイコン

ガミー
スマイル

笑った時に歯茎が見える

笑顔は心を豊かにし、コミュニケーションの円滑にするための大きな役割を果たすものであります。
しかし、口元から歯茎が大きく見えてしまうガミースマイルの状態であった場合は、コンプレックスとなり心から笑えなくなる方も少なくありません。

ガミースマイルは治療で改善できますが、原因によって治療法も異なるため、まずは当院にご相談ください。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 笑うと歯茎が見える
  • 上唇が薄いために歯茎も見えやすい
  • 上顎全体が前に突き出ている
  • 歯茎が過剰に発達している
  • 歯が生える位置が低い
  • 歯茎の部分が多く
    前歯が小さく見える

ガミースマイルについて

ガミースマイルとは

ガミースマイルとは、笑った時に通常よりも多く口元から歯茎が見えている状態を指します。

「イー」と上下の歯をかみ合わせたときに、上唇に隠れ上顎の歯茎は見えない又は少し見えるのが通常です。
しかし、大幅に上顎の歯茎が見えていると、見た目にも変化があり、コンプレックスに感じてしまう方も少なくありません。
一般的に、上顎の歯茎が3mm以上口元から見えているとガミースマイルであるとされています。

また、ガミースマイルになってしまう原因は1つではありません。
さまざまな原因が考えられ、見た目だけではなく機能性にも影響を及ぼしてしまっているケースも見受けられます。
治療法も異なるため、ご自身のガミースマイルの原因を把握することがガミースマイル改善への一歩となります。

ガミースマイルの原因

●歯の長さが短い・生えている位置が低い

ガミースマイルは、歯茎の見える範囲が大きければ大きいほど、コンプレックスになってしまう方もいます。
歯の長さが短く歯が生えている位置が低い場合は、上顎の歯茎が見える幅も大きくなり、ガミースマイルとみなされます。

とくに、通常の歯の大きさよりも小さい矮小歯(わいしょうし)と呼ばれる場合は、歯茎の幅も必然的に大きく見えるためガミースマイルとみなされることも多くあります。
矮小歯の数は個人によって異なり、1本であったり、全体的に矮小歯であったりするケースもあります。
矮小歯の原因は遺伝ビタミンD欠乏症などが考えられます。

●上顎骨の発達が過剰

上顎の骨が過剰に発達し前に突き出ているように位置している場合、上唇に収まり切れず歯茎が口元から見えてしまいます。
上顎の骨が前に突き出ている(上顎前突)の場合は、ガミースマイルと合わせて出っ歯の状態でもあります。
ガミースマイルに加えて出っ歯であった場合、さらに見た目にコンプレックスを抱え精神的負担が大きいものとなります。

前方に突き出る上顎が支障となりお口が閉じづらいケースも多く見受けられ、お口の中が乾燥しやすくなり虫歯や歯周病、口臭といったリスクが高まります。
上顎骨の過剰な発達は遺伝おしゃぶり舌癖などが原因として考えられます。

●上唇を上げる力が強い、上唇が薄い

上唇と鼻翼(鼻の膨らみ部分)を上にあげる役割を担う上唇挙筋(じょうしんきょきん)の力が過剰であった場合、必要以上に上唇が引き上げられてしまうため、結果的に口元から歯茎が大きく見えてしまいます。

また、上唇挙筋の力が正常値であっても、上唇が薄い(縦幅がない)場合、お口を少し開けただけでも上唇があがり歯茎が口元から見えてしまい、ガミースマイルの状態となってしまいます。

●歯茎が過剰に発達している

歯茎が通常よりも発達している場合、前歯に被さるように歯茎が存在しているため歯茎の面積が大きくなり、ガミースマイルとなります。
歯茎の過剰発達だけではなく、歯の大きさや歯並びなど、さまざまな要因が合わさってガミースマイルになるケースも多くあります。

●親や祖父母からの遺伝要素

親や祖父母の遺伝で同じ疾病に罹患してしまうケースがあるように、ガミースマイルも遺伝してしまう可能性があります。

必ずしもガミースマイルが遺伝するわけではありませんが、血縁者の中にガミースマイルである方がいる場合、ガミースマイルの心配がある場合には、注意深くお子さまの口元の成長をご確認ください。
顎の成長をコントロールできる年齢(6~12歳頃)から治療を開始することで、成人から矯正治療をはじめた場合より治療の負担を軽減することも可能ですので、気になる点がございましたらお早めにご相談ください。

ガミースマイルを放置する3つのリスク

●外見にコンプレックスを持ってしまう

口元から見える歯茎の面積が大きい点がガミースマイルの1番の特徴です。
人の印象は口元で決まるともいわれています。
そのため、口元から歯茎が通常より大きく見えてしまうガミースマイルにコンプレックスを抱いてしまう方も少なくありません。

また、ガミースマイルで悩む方は若者が多く、年齢を重ねるとともに減少していきます。
この理由はさまざま考えられますが、1つの要因に加齢が関係しているといわれています。
お口まわりの筋肉が老化で衰退していくことで、上下の口唇の位置が下がり、結果としてガミースマイルである状態に変化が現れるためだと考えられます。

ガミースマイルの発症率は、男性よりも女性の発症率が高い傾向にあると言われています。
しかし、明確な理由はなく、男性よりも女性の方が美容に対する意識が高く、コンプレックスを抱えている方が多いためと考えられています。

近年では人への印象をよくしたいと考える方も多く、乱れた歯並びを矯正治療によって整えたり、ホワイトニングで歯の色を白くしたりと、外見を変化させる治療に注目が集まっています。

コンプレックスを抱えたままでいると精神的にも負担が多くあるため、ガミースマイルを改善してコンプレックスを改善していきましょう。

●虫歯や歯周病の原因になる可能性

上顎が前に突き出ているために、ガミースマイルになってしまうことも多くあります。
そのような場合、お口が閉じづらく唾液による自浄作用が期待できません。
唾液の自浄作用が低下すると、お口の中が乾燥してしまいます。
その結果、虫歯や歯周病の原因菌がお口の中に停滞し、虫歯や歯周病の発症リスクを高めてしまいます。

●口臭の原因にもなる

一見、ガミースマイルと口臭に関連性はないようにみえますが、ガミースマイルであった場合口臭が発生しやすいと考えられます。
ガミースマイルにより口の中が乾燥すると、唾液による自浄作用が期待できず、食べカスが残り口臭を引き起こします。

また、ストレスも口臭を誘発します。
ガミースマイルである口元を見られたくないと強い気持ちがストレスとなり、口臭を発生させてしまう恐れもあります。

当院でのガミースマイル
に対するアプローチ

治療方法

●骨格や歯並びが原因の場合

・矯正治療

歯並びやかみ合わせだけの問題でガミースマイルになっている場合は、矯正治療が適応します。
ワイヤー矯正(表側・裏側)、マウスピース矯正のいずれかを選択し、前に突き出ている歯を後方に移動させ、深いかみ合わせを元の位置に戻していきます。

その際には、歯を移動させるためのスペースを確保するために、抜歯が検討される場合もあります。
かみ合わせが深い場合には、アンカースクリューインプラント矯正)による、上顎の歯を上に引き上げる治療も検討されます。

・外科手術+矯正治療

矯正治療だけでは改善することが難しく、上顎骨の発達過剰が原因となりガミースマイルになっている場合は、外科手術と併用して矯正治療を行います。
上顎の骨を削り後方へと移動させる方法です。

外科手術が必要になるためリスクにともない、指定医療機関での入院等が必要になります。
多くの場合は、先に表側矯正で歯並びをある程度整えた上、外科手術へと移行します。

●上唇や筋肉が原因の場合

・ボツリヌス注射

上唇挙筋の力が過剰であった場合、上唇が必要以上に上にあがってしまい、歯茎が見えすぎてしまうケースも少なくありません。
そのような時は、上唇挙筋にボツリヌス注射を行い筋肉の動きを抑制することで、口元から見える歯茎の面積を小さくすることが可能です。

効果は一時的なものとなり、6ヶ月に1回の定期的な治療が必要になります。
また、手軽に行える処置ではありますが、注意事項も多いです。
例えば女性の場合は妊娠中や授乳中は避ける必要があります。

・上唇粘膜切除術

上唇と歯茎の境目付近の粘膜を唇の裏側から切除した上で、切除された端をひっぱるようにつなぎ合わせ、口元から見える歯茎の面積を抑えることを目的にした治療法です。

手術自体は短時間で済みますが、外科手術が必要になります。
1回の施術で効果を得られ、術後しばらくの間はひっぱられている感が残るケースも少なくありません。

●歯茎が原因の場合

・歯肉切除(歯肉整形)

歯茎が異常発達し、歯の部分にまで覆いかぶさるように位置している場合に適応される治療法です。
歯が自然に露出するように辺縁にそって歯茎を切除し、歯が見える面積を増やしていきます。

基本的には、手術も1日で終わるため手軽さもありますが、再び歯茎が増殖していく可能性も高くあります。

・歯冠長延長術(クラウンレングスニング)

歯に覆いかぶさっている歯茎を切除した上で、歯を支える役割のある骨(歯槽骨)の高さや幅を整え、歯が見える範囲を大きくする治療法です。
上唇粘膜切除術を併用して、上唇と歯茎の位置を調整することで歯茎が見える範囲をさらに狭められ、さらにはセラミック矯正をおこなうことで、歯並びや歯の形状も美しくできます。

外科治療が必要になりますが、短時間で終わる治療法の1つです。

リスク・注意点

●外科治療のリスク

ガミースマイルの治療の多くは外科治療をともないます。
外科治療の場合は後戻りのリスクは少なくなりますが、費用面や手術を受けるリスク、さらにはダウンタイムなどといった期間を設ける必要があります。

●注意点

ガミースマイルとなる原因は複数存在します。
そのため、ご自身のガミースマイルの原因を確認した上で、それに適応した治療を受けましょう。

当院では、カウンセリング時間を十分にご用意し、患者さまがご納得していただいた上で、治療を開始いたします。

治療で目指す口元

リップライン

唇の両サイドに位置する口角をあげて笑った時の、上唇のラインを指します。
ラインは口角をあげて笑った時に、上唇で前歯半分が隠れるローリップライン上前歯が見えるミドルリップライン歯茎が広範囲に見えるハイリップラインと分類されます。

理想とするラインは、口角をあげて笑った時に上前歯が見えるラインであるミドルリップラインです。

スマイルライン

スマイルラインは、口角をあげてわらった時に見える上顎の歯の先端を結び合わせたラインを指します。
スマイルラインが整っていると、明るい笑顔の印象となり、理想のラインといえます。

ゴールデンプロポーション

口元の美しさは中切歯(幅1.618)側切歯(幅1)犬歯(幅0.618)の配列であった場合、口元が美しく見える黄金比であるといわれています。
これらの比率がに差が出ると、美しさからかけ離れてしまいます。

正中線

正中線は歯並びの中心を位置づけるものです。
前歯2本の真ん中に走る線を正中線と呼びます。

上の歯と下の歯の正中線がずれていると見た目にも違和感があり、実際に歯並びや上下の歯並びにズレが生じているサインでもあります。

Eライン

横顔から見たときの鼻先から顎の先を結んだラインEラインと呼びます。
Eラインの内側、またはライン上に唇が位置している場合、美しい横顔であるといわれています。
Eラインの線上から唇が出ている、または内側すぎる位置に唇が場合、気にする方もいるかもしれません。

歯茎の色

健康な歯茎の色は淡いピンク色をしていますが、歯茎はメラニン色素によって変色しやすく、タバコの影響や、重度の歯周病、虫歯であった際にも、歯茎は変色していきます。
歯茎の変色はなんらかのサインかもしれません。気になる場合は一度ご相談ください。

白い歯

白い歯は清潔感を与え、口元の印象も良好なものとなります。
人の印象は口元で決まるといわれています。

歯の色は加齢だけではなく、食品などに含まれる色素によって、変色していきます。
改善には歯科医院でのクリーニングとホワイトニングが効果的です。

ガミースマイルの治療なら当院へ

ガミースマイルのせいで口を大きく開けたり、笑うことをためらったりしてしまう方も少なくありません。
日常生活において「口元を見られたくない」というコンプレックスは、日常生活を窮屈に感じてしまうかもしれません。

ガミースマイルのタイプは複数存在するため、自身にあった治療法で改善していくことが大切です。
ガミースマイルでお悩みの場合は、まずはご相談ください。

よくある質問

ガミースマイルに悩んでます。
治療の痛みなどに不安があります。

ガミースマイルのタイプによっては、外科手術が必要になります。
当院では痛みに配慮した治療を心がけております。
まずはご相談ください。

歯肉切除(歯肉整形)
は後戻りするのですか?

健康な歯茎であった場合は再生能力も高く、歯茎が後戻りしてしまう可能性も否定できません。
一時的に試してみたい場合は歯肉切除をおすすめいたしますが、半永久的に歯肉の形成状態を保つためには、歯冠長延長術が必要になります。

ガミースマイルはインビザラインで
治りますか?

ガミースマイルのタイプにもよりますが、かみ合わせが深い過蓋咬合(かがいこうごう)だけが原因であった場合は、インビザラインでの治療も可能です。

ボツリヌス注射は
すぐに効果が現れますか?

個人差はありますが、治療から効果を実感できるまで、1~2週間ほどの期間が必要になります。
計画的に治療をお受けしていただくことを、おすすめします。

ガミースマイルの治療は保険適用
しますか?

矯正治療と同じように、基本的にガミースマイルの治療は保険が適用しません。
顎変形症と診断された場合のみ、保険診療が適用されます。

▲ ページTOPに戻る

ドクターメッセージ
Doctor's message

■Doctor 
粟野 祐司 -Yuji Awano-

■ Message 
ガミースマイルとは、笑ったときに通常よりも多く歯茎が大きく見えてしまうことを指し、上顎の歯茎が3mm以上口元から見えているとガミースマイルと診断されます。
このガミースマイルは、度合いや状況によって治療法が異なりますので、ご自身にあった治療法で改善していくことが重要です。
当院では、治療部位だけを診るのではなく、お口全体を診て、長期的に安定した口腔環境が整うよう、根本原因の究明に力を入れています。
ガミースマイルでお悩みの場合は、当院で一緒に原因を探りましょう。

著者 Writer

著者画像
粟野 祐司
【経歴】
・国立新潟大学歯学部 卒業 
・新潟大学歯学部総合病院 研修終了

【学会】
・日本口腔インプラント学会 所属

【資格】
・厚生労働省認定歯科医師臨床研修医指導医
・Branemark Inplant system Certificate 取得
・POI Implant system Certificate 取得
・American microscope root canal treatment course Certificate 取得
・南カリフォルニア大学歯学部(USC)Japan Program 修了
・CAMLOG implant expert Course 修了
・インビザライン 認定医(マウスピース矯正)
・Jリーグ 横浜FC 公認クラブデンティスト

BLOG

インプラント埋入実習 画像

インプラント埋入実習

デンタルフロスについて 画像

デンタルフロスについて

歯ぎしりや食いしばりについて 画像

歯ぎしりや食いしばりについて

インビザライン・ジャパン主催のインビザライン勉強会を行いました。 画像

インビザライン・ジャパン主催のインビザライン勉強会...

インプラントのメンテナンスについて 画像

インプラントのメンテナンスについて

MEET UP 歯科医師合同就職説明会に出展させていただきました! 画像

MEET UP 歯科医師合同就職説明会に出展させて...

定期検診のお知らせ 画像

定期検診のお知らせ

歯周病チェック 画像

歯周病チェック

Medical

当院は虫歯・歯周病の治療からインプラント、矯正、予防歯科、顕微鏡治療まで幅広い診療項目に対応しています。

一般歯科アイコン

一般歯科

小児歯科アイコン

小児歯科

予防歯科アイコン

予防歯科

精密根管治療アイコン

精密根管
治療

歯周病治療アイコン

歯周病
治療

精密入れ歯アイコン

精密入れ歯

スポーツマウスガードアイコン

スポーツ
マウスガード

審美歯科アイコン

審美歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

インプラント治療アイコン

インプラント治療

美容歯科アイコン

美容歯科

EXAMINATION

各種検査イメージ

各種検査

詳しく見る

横浜エス歯科クリニック

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区高島
2丁目18−1 そごう横浜 9F

最寄駅

JR・京浜急行線・東急東横線・横浜市営地下鉄
各線「横浜」駅より徒歩1分

駐車場

そごう横浜のパーキング館など、周辺の駐車場をご利用ください。

支払い方法

保険診療:現金/PayPay/LINE Pay
自由診療:現金/PayPay/LINE Pay/クレジットカード

10:00〜13:30
14:30〜20:00
お電話でのお問い合わせ

045-620-0600

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE予約アイコン

LINE予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー