220-0011
神奈川県横浜市西区高島
2丁目18−1 そごう横浜 9F

電話マーク

お電話

メニュー

オーバーデンチャー イメージ
見出しアイコン

オーバーデンチャー

インプラントで安定性に優れた入れ歯

一般的な入れ歯の場合「入れ歯でもっとかみたい」「すぐに外れてしまう」などトラブルも聞こえてきますが、毎日使用する入れ歯がストレスになっていては、生活の質(QOL)を落としかねません。

そんな入れ歯のデメリットをカバーできるのが、インプラントオーバーデンチャーです。
インプラントオーバーデンチャーは、顎の骨にインプラントを埋め込み固定源とすることで、これまでにない安定した入れ歯となります。

インプラントオーバーデンチャーは、一般的な入れ歯よりも「かむ力」「見た目」「機能性」に優れたものになります。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 入れ歯がすぐに外れてしまう
  • 自身の歯の感覚のようにかみたい
  • 入れ歯が合わなくて痛い
  • 大きな手術は避けたい
  • しゃべりづらい
  • 美味しく食事がしたい

インプラントオーバーデンチャー
について

インプラントオーバーデンチャーとは

多くの歯を失ってしまった際に適応する、インプラントを活用した入れ歯治療法です。

一般的な入れ歯は、残存歯にクラスプと呼ばれる金属の引っ掛けをして、お口の中で維持する部分入れ歯
全ての歯を失い、顎堤(がくてい)と呼ばれる歯がかつて生えていた土手の粘膜に、吸着するような形でお口の中で維持する、総入れ歯の2つのタイプに分かれます。

しかし、どちらのタイプも固定源が不安定であるため、すぐに外れてしまったり、痛みを感じたり、思うようにかめなかったりします。
そのような懸念点をカバーできるのが、インプラントオーバーデンチャーです。

また、オールオン4と呼ばれる治療法とインプラントを活用する点では同じですが、オールオン4は非着脱式のインプラントのブリッジであり、インプラントオーバーデンチャーと形状が異なります。

インプラントオーバーデンチャー
の方針

インプラントオーバーデンチャーのポイントは、「かみ合わせ」「バランス」「強度」です。
どれほど見た目のいい入れ歯であっても、上下のかみ合わせのバランスに考慮されていなかったり、入れ歯の強度が十分とはいえない設計であった場合には、入れ歯で食べ物をかめないなどのトラブルを招きかねません。

今現在のお口の中の状態はもちろんのこと、将来を見据えた設計が求められ、この設計を綿密に行わないと「不安定」で「壊れやすい」入れ歯となってしまいます。
特にインプラントオーバーデンチャーは、かむ力の向上が期待できるため、壊れにくい設計にしていくことがカギとなります。

当院のインプラント
オーバーデンチャーについて

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーは、2~6本ほどのインプラントを顎の骨に埋め込んで、顎の骨と結合したインプラントを固定源とした入れ歯治療となります。
従来の入れ歯のデメリットをカバーし、歯や歯茎、粘膜の負担を抑えられる画期的な治療となります。

インプラント埋入時には、歯科用CTを使用し、綿密な治療をご提供しております。
その上で、かみ合わせ、バランス、強度を兼ね添えた入れ歯を装着することで、今までにない画期的な入れ歯となります。

アタッチメントについて

インプラントオーバーデンチャーで必要となるのが、アタッチメントです。
アタッチメントはインプラントと入れ歯を連結させる役割があり、固定源となります。

いくつかタイプがあり、タイプごとに形状や特性が異なります。
お口の中の状態によって適応するタイプも異なるため、一度ご相談ください。

●ボールタイプ

インプラントの上部が丸いボタンのようになっていて、入れ歯側に装着された金属のくぼみにはめ込むような形で入れ歯を固定します。
主に下顎に使用されます。

顎の骨の吸収も予防でき、修理も簡単にできるのが、ボールタイプの特徴です。
しかし、歯茎と入れ歯に若干の隙間が生まれてしまうため、少しだけ動く特性があります。

●バータイプ

インプラント同士を連結するようにバーを掛け、入れ歯に装着したクリップで挟み込むように固定します。
上下顎に歯がない場合に適応される固定方法です。

インプラントの埋入本数が6本前後必要になりますが、インプラント同士を連結させるため安定性は非常に優れています。

しかし、他の固定方法に比べるとインプラント埋入本数が多く、身体への負担が大きくなってしまいます。

●磁石タイプ

インプラントの上部に金属を装着し、入れ歯に装着した磁石と合せる形で固定します。
インプラントオーバーデンチャーの固定方法で、もっとも安定性に優れています。

インプラント埋入本数も少なく済み、取り外しも簡単です。
また、磁石なので経年劣化で固定力が低下することもありません。

しかし、磁石を使用してるため、MRI検査などに影響が出る場合があります。
持病があってすでに定期的にMRI検査などを受ける予定があるなどの場合は、一度ご相談ください。

●ロケータータイプ

インプラント上部に外枠に溝がある形状をしたロケーターを設置し、入れ歯側の留め具にはめ込むように固定します。

顎の骨の高さに合せてサイズが選べるため、骨の吸収が進んでいる人にも適応し、部分入れ歯にも活用できます。
上顎の場合は2~4本、下顎の場合は2本ほどのインプラント埋入が必要です。

効果

●しっかりかめるようになる

インプラントを固定源とするため、一般的な入れ歯と比べるとしっかりとかめるようになります。

●入れ歯がズレない

一般的な総入れ歯の場合は特に、粘膜に吸着させてお口の中で維持していたためズレやすい傾向にありますが、インプラントオーバーデンチャーであればズレる心配はありません。

●身体への負担が少ない

一般的なインプラントを必要な数だけ埋め込む場合は身体への負担も懸念されます。
しかし、インプラントオーバーデンチャーであれば必要最低限のインプラント埋入で済むため、身体への負担も少なくなります。

●一般的なインプラントより低価格

一般的なインプラントよりも埋入数を抑えられるため、その分必要となる費用も低くなります。

●メンテナンスも簡単

取り外すことができるため、入れ歯の修理や清掃も容易です。

●顎の骨が少なくても治療可能な場合がある

通常のインプラント治療では、歯を失った箇所それぞれにインプラント体を埋入する充分な顎の骨量と厚みが必要です。顎の骨が充分ではないと判断できる場合には、治療前に骨造成・骨移植の治療を行う必要があります。
インプラントオーバーデンチャーの場合、顎の骨の厚みが充分にある箇所を選んでインプラント体を埋入することが可能なため、顎の骨が少ない患者様に対しても適応可能なケースがあります。

当院のインプラントオーバーデンチャーを受ける方へ

当院では、無理に抜歯をおすすめすることはございません。
どんなに優れたインプラントや入れ歯であっても、自身の歯に勝るものはありません。
まずは、マイクロスコープ歯科用CTで歯の根っこの細部まで確認させていただき、その上で考えられる治療法をご案内いたします。

また、当院では埋入するインプラントの数も、必要な数だけご提案させていただいております。
インプラントの埋入本数が多い場合には、埋入数を2~6本に抑えられる、インプラントオーバーデンチャーのご提案もさせていただいております。

少しでも患者様のご負担を抑え治療を受けていただきたいと考えております。
少しでも不安に思うこと、疑問に思うことがあれば、お気軽にご相談ください。

インプラントオーバーデンチャー
の注意点・リスクについて

インプラント周囲炎

インプラントは顎の骨と結合していますが炎症に弱く、すぐに広範囲に広がってしまう特性があります。
そのため、炎症が広がっていくと顎の骨も溶けてしまい、最終的にインプラントを支えきれなくなってしまいます。

インプラントと入れ歯だからといって、お口の中のケアをおこたっていいわけではなく、せっかく埋め込んだインプラントが活用できなくなることは、避けなければなりません。

そのためにも、オーバーデンチャーと、歯茎インプラント周りのケアが重要になります。
一般的な入れ歯のケアと変わらず、専用のブラシを用意し、桶を張った流水下で洗いましょう。
また、歯茎やインプラント周りは、清潔なガーゼを指に巻き、マッサージするようにやさしいタッチで洗うといいでしょう。

料金のご案内

インプラントオーバーデンチャー 義歯費用(オペ代、インプラント費用込) 880,000円~1,320,000円

よくある質問

誰でも簡単に外せますか?

ご本人はもちろんのこと、介助者であっても、簡単に外すことが可能です。

何歳から適応しますか?

顎の成長が完了した18歳頃から治療が可能です。
特に若い世代の人は、一般的な入れ歯では、どうしても顎の骨に伝わる刺激が少なく、骨が痩せていきます。
早い段階で顎の骨の吸収が進むと、一般的な入れ歯ではまかなえきれなくなるケースも少なくありません。

高齢者であっても可能ですか?

高齢者であっても治療可能です。
ただし、持病や服薬などの関係で治療が難しいケースもあるため、一度ご相談ください。

現在使用している入れ歯を
そのまま使えますか?

まれに適応することもありますが、基本的には作り替え、インプラントオーバーデンチャー治療時に作り替えることをおすすめいたします。
一度ご相談ください。

清掃は簡単ですか?

一般的な入れ歯のお手入れ方法と同じです。
入れ歯専用のブラシで洗ってください。
また、歯茎も優しくマッサージするように洗うようにしましょう。

▲ ページTOPに戻る

ドクターメッセージ
Doctor's message

■Doctor 
粟野 祐司 -Yuji Awano-

■ Message 
当院では、どんなに優れたインプラントや入れ歯であっても、自身の歯に勝るものはないという考えから、無理に抜歯をおすすめすることはありません。
まずは、マイクロスコープや歯科用CTで歯根の細部まで確認させていただき、その上で考えられる治療法をご案内いたします。
インプラントオーバーデンチャーは、一般的な入れ歯よりも「かむ力」「見た目」「機能性」に優れたものになります。
「入れ歯でもっとかみたい」「すぐに外れてしまう」など、一般的な入れ歯は悩みが尽きません。
今よりもっと生活の質を上げたい方や説明を受けたい方は是非お気軽にお問合せください。

著者 Writer

著者画像
粟野 祐司
【経歴】
・国立新潟大学歯学部 卒業 
・新潟大学歯学部総合病院 研修終了

【学会】
・日本口腔インプラント学会 所属

【資格】
・厚生労働省認定歯科医師臨床研修医指導医
・Branemark Inplant system Certificate 取得
・POI Implant system Certificate 取得
・American microscope root canal treatment course Certificate 取得
・南カリフォルニア大学歯学部(USC)Japan Program 修了
・CAMLOG implant expert Course 修了
・インビザライン 認定医(マウスピース矯正)
・Jリーグ 横浜FC 公認クラブデンティスト

BLOG

横浜FC エス歯科グループ MATCH(2024) 画像

横浜FC エス歯科グループ MATCH(2024)

詰め物の劣化について 画像

詰め物の劣化について

インプラント埋入実習 画像

インプラント埋入実習

噛み合わせによる歯の痛みについて 画像

噛み合わせによる歯の痛みについて

インビザライン症例 画像

インビザライン症例

デンタルフロスについて 画像

デンタルフロスについて

歯ぎしりや食いしばりについて 画像

歯ぎしりや食いしばりについて

インビザライン・ジャパン主催のインビザライン勉強会を行いました。 画像

インビザライン・ジャパン主催のインビザライン勉強会...

Medical

当院は虫歯・歯周病の治療からインプラント、矯正、予防歯科、顕微鏡治療まで幅広い診療項目に対応しています。

一般歯科アイコン

一般歯科

小児歯科アイコン

小児歯科

予防歯科アイコン

予防歯科

精密根管治療アイコン

精密根管
治療

歯周病治療アイコン

歯周病
治療

精密入れ歯アイコン

精密入れ歯

スポーツマウスガードアイコン

スポーツ
マウスガード

審美歯科アイコン

審美歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

インプラント治療アイコン

インプラント治療

美容歯科アイコン

美容歯科

EXAMINATION

各種検査イメージ

各種検査

詳しく見る

横浜エス歯科クリニック

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区高島
2丁目18−1 そごう横浜 9F

最寄駅

JR・京浜急行線・東急東横線・横浜市営地下鉄
各線「横浜」駅より徒歩1分

駐車場

そごう横浜のパーキング館など、周辺の駐車場をご利用ください。

支払い方法

保険診療:現金/PayPay/LINE Pay
自由診療:現金/PayPay/LINE Pay/クレジットカード

10:00〜13:30
14:30〜20:00
お電話でのお問い合わせ

045-620-0600

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE予約アイコン

LINE予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー