220-0011
神奈川県横浜市西区高島
2丁目18−1 そごう横浜 9F

電話マーク

お電話

メニュー

一般歯科 イメージ
見出しアイコン

一般歯科

基本のインフォームドコンセント

横浜エス歯科クリニックでは、インフォームドコンセントの考えを大切にしており、患者様へ治療をご提供しています。
患者さまとの信頼関係を築きベストな治療を実施するためにも、患者さまが抱えている不安や疑問を解決していきます

ご提案する治療に対して情報提供や説明を十分に行い、それにもとづいた患者さまからの同意を得た上で、治療へ進んでいきます。

お口に対するお悩みは何でもお申し付けください。

目次

こんなお悩みありませんか?

  • 歯がズキズキ痛い
  • 歯磨き時に歯に痛みを感じる
  • 冷たい・熱いもので歯がしみる
  • 歯の一部が茶色く穴があいている
  • 口臭が普段より強くなった
  • 歯茎がブヨブヨしていて出血する

一般歯科診療について

一般歯科診療とは

一般歯科とは、歯科医院で実施する一般的な治療を指します。
虫歯予防虫歯治療歯周病治療詰め物・被せ物入れ歯製作・調整など、お口の中のごく一般的な疾患やトラブルに対応しています。

治療を実施する前には、歯茎の検査やレントゲン検査などを行い、疾患やトラブルの根本的な原因を探り当てます。
その上で患者さまにとって最適と考えられる治療法をご提案し、一緒に治療内容を確認・選択していきます。

虫歯治療について

虫歯の進行段階によって、適応される治療法が異なります。

1

CO(シーオー)

歯の表面が白濁している、初期虫歯といわれる段階です。
歯の表面は虫歯菌が生み出す酸によって常に溶かされています。
また、この現象を脱灰と呼びますが、実際には、歯はただ単に溶かされているだけではありません。

唾液に含まれるリンやカルシウムが、溶かされた歯の表面を修復する働きを持っており、この現象を再石灰化と呼びます。

このように歯は、常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。
しかし、ブラッシングが適切に行われていないと、虫歯菌が潜むプラークが増殖し、脱灰と再石灰化のバランスが崩れ、虫歯へと進行してしまうのです。

虫歯の初期段階であれば、再石灰化を促すことで改善が期待できます。
このように、初期虫歯は自然治癒が見込めるため、根本的な治療は行いません。
歯質を強化するためのフッ素塗布やブラッシング指導を行い、再石灰化を促しながら、経過観察となります。

【治療法】
フッ素塗布
ブラッシング指導

2

C1

歯の表面組織であるエナメル質が虫歯菌に溶かされ、歯の表面が一部茶色く変化しています。
目立った自覚症状はなく、冷たいものや温かいもので歯がしみる程度です。

この段階で治療できた場合は、虫歯になった部分だけを削り、歯に似た色の詰め物を詰めて修復します。

【治療法】
コンポジットレジン(CR)修復

3

C2

虫歯の進行がエナメル質に留まらず、その下の層に位置する象牙質にまで達している状態です。
象牙質が受けた外部からの刺激を、象牙細管を通じて歯の神経(歯髄)に通達されます。
そのため冷たいものや温かいもの、甘いもので痛みを感じます。

【治療法】
コンポジットレジン修復
インレー
アンレー
クラウン
※虫歯の進行度合いによって適応する治療法が異なり、上記の中から選択していきます。

4

C3

歯髄にまで虫歯菌が達している状態です。
冷たいものや温かいもので激しい痛みを感じるだけではなく、常に痛みを感じるようになります。

基本的に虫歯菌に感染した歯髄を取り除き、歯の根っこ内部の根管治療が必要になります。
根管治療を終えた後、歯に被せ物をします。

【治療法】
根管治療
クラウン

5

C4

虫歯菌が歯髄まで蝕んでいて、歯の原型を留めていない状態です。
痛みを感じる神経も壊死するため、激しい痛みから解放され、ある日痛みを感じなくなります。
治療を行わないまま放置してしまうと、やがて歯の根っこ部分に膿が溜まり、これまでにない激しい痛みを感じます。

歯を残すための治療を行うことが難しくなり、抜歯が検討されるケースも少なくありません。

【治療法】
抜歯
ブリッジ
部分入れ歯
インプラント

歯周病治療について

歯周病は国民病と呼ばれるほどにポピュラーな疾患であり、誰しもが罹患することがあります。
目立った初期症状はなく、静かに進行していくのも特徴の1つであり、サイレントキラーと呼ばれるほどです。

歯茎の状態は5つの段階に分類され、それに応じた治療が望まれます。

1

健康な歯肉

歯茎は薄いピンク色で、引き締まり弾力があります。
少しの刺激では出血することはありません。

定期的に歯のクリーニングを行い、歯周病を予防することが重要です。

2

歯肉炎

歯周炎の前段階です。
歯磨きを怠り適切にできていない場合、プラークに含まれる歯周病菌が増殖していきます。
歯茎に限定して炎症が認められ、赤みが差している状態です。
目立った症状はありませんが、歯磨き時に少量の出血をともなう可能性もあります。

歯肉炎の段階であれば、歯科医院で歯石除去やクリーニングを行い適切なブラッシング法を身に付けることで、改善が見込めます。

【治療法】
ブラッシング指導
スケーリング

3

軽度歯周炎

歯周ポケットの深さ3~4mmほどです。
歯周病菌が歯と歯茎の間の溝に侵入していきます。
歯周病菌はどんどん奥へと進んでいき、歯周ポケットを形成していきます。
歯周病菌は歯茎だけではなく、歯を支える歯槽骨を溶かし始めます。

歯茎が赤く腫れ、歯磨き時だけではなく、外部からの刺激でも出血するようになります。

【治療法】
ブラッシング指導
スケーリング

4

中度歯周炎

歯周ポケットの深さ5~6mmほどです。

歯周ポケットがさらに深くなり、歯周病菌は歯を支える歯槽骨を溶かしていきます。
歯が少しずつグラグラとし始め、食べものをかみにくくなります。
また、歯周ポケットから膿が出るようになり、口臭も強くなっていきます。

歯槽骨が溶けていくため歯茎の位置が下がり、歯の根がみえる状態になり、歯が長くなったと感じることもあります。

【治療法】
ブラッシング指導
スケーリング・ルートプレーニング
歯周ポケット掻爬(そうは)術

5

重度歯周炎

歯周ポケットの深さ8mm以上です。

歯を支える歯槽骨が、ほとんど溶かされています。
CMやネットなどで見聞きする「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれる状態でもあります。

歯茎の位置がさらに下がり、歯の根っこ部分がさらにみえています。
この段階まで進行してしまうと、少しの刺激で歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。
歯茎は赤黒くなりブヨブヨとして、歯周ポケットから膿もさらに出るようになり、口臭もさらに強くなります。

【治療法】
歯周外科治療

入れ歯(義歯)治療について

虫歯や歯周病によって歯を失った場合に適応される治療法です。
歯を失ったまま放置してしまうと、トラブルが生じることもあります。

食べものをかみ砕きにくくなったり、歯を失って生まれたスペースに歯が動いていったりすることもあります。
そのため、失った歯の機能を補うための入れ歯治療が必要になります。

1

部分入れ歯

部分的に歯を失った場合に適応される入れ歯です。

既存する歯にクラスプと呼ばれる金具を引っ掛けて、口の中で部分入れ歯を維持していきます。

2

総入れ歯

すべての歯を失っている場合に適応する入れ歯です。

顎堤(がくてい)と呼ばれる歯茎の土台に吸着させるようにして、口の中で維持させます。

その他診療

1

知覚過敏

虫歯の症状がないのにもかかわらず、冷たいものが歯にしみる場合は、知覚過敏の可能性があります。
歯茎の位置が下がることで歯の根っこ部分が露呈しエナメル質の表面が削られすぎている場合に、知覚過敏の症状が現れやすくなります。

知覚過敏を防ぐ処置を行うことで、症状を和らげることができます。

2

口内炎

考えられる口内炎の原因はさまざまですが、2週間以上たっても改善の兆しがみえない場合は、早めの受診をおすすめいたします。

一般歯科の保険診療と
自費診療の違い

一般歯科の保険診療と
自費診療の違いについて

虫歯治療や歯周病治療などの一般的な治療は、保険診療で受けられます。
治療にかかる総額費用の0~3割を窓口で支払い、残りの費用は被保険者から毎月徴収する保険料から支払われます。
これらの仕組みは「国民皆保険制度」と呼ばれ、すべての国民が平等に最低限の医療を受けられるように設けられました。

職業、性別、居住地などを問わず制度を一律に利用できるように、治療工程や治療で使用する器具、処方される薬剤などが事細かく決められています。
これらの理由からも、保険診療で患者さまに提供できる治療には限りがあります。

一方、自費診療は自由診療とも呼ばれ、全額負担となります。
また、各医療機関で取扱う治療法や金額を自由に決めることができます。
保険診療は疾病に対する治療を目的として、限定的な治療が実施されますが、自由診療であれば「より精密な治療」「見た目の美しさ」を求めた治療を受けることが可能となります。

当院の治療方針について

その歯にとって最適な治療となるように

歯の表面組織は無機質であるため、単なる食べものをかみ砕くための道具のように、とらえる方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
しかし、歯は単なる道具ではなく、私たち人間にとって、生きていくために必要な臓器の1つです。

28本(親知らずを含まず)の永久歯が存在するため「歯を数本失っても問題ない」と、考える方がいらっしゃるのが現状です。
ですが、歯は1本1本役割を担っており、1本でも失ってしまうとかみ合わせのバランスが崩れ、さまざまなトラブルを引き起こすリスクをともないます。

当院では、1本1本その歯にとって最適な治療を模索し、患者さまの財産である歯をできるだけ長く維持できるように、これからの未来につなげていく治療を目標にしています。

患者さまに寄り添った治療計画

歯科治療は保険診療なのか自費診療なのかを選択する時点で、治療内容が大きく異なることもあります。
いくつかの治療の選択肢があるからこそ、患者さまのライフスタイルに寄り添った治療計画を立てられると考えております。

そのためにも、ただ一方的に治療計画を提案していては、患者さまの立場に寄り添った内容とはいえません。
コミュニケーションを取る中で、患者さまにとって最適と考える治療計画のご提案ができるように努めてまいります。

診療にあたっての
注意点・リスクについて

金属アレルギー

保険診療で適応する被せ物の多くは、金属が使用されます。
中でも一般的に活用されるのが銀歯です。
12%金銀パラジウム合金と呼ばれる、複数の金属を混ぜ合わせて形成されたものです。
「金」「銀」「亜鉛」「すず」「パラジウム」「インジウム」「イリジウム」などが含まれています。

とくにアレルギーを引き起こす可能性があるとされる「パラジウム」は、唾液などによって溶かされ、銀イオンが体内に蓄積されます。
これらのことから、いずれ金属アレルギーを発症することも否定できません。

金属アレルギーの心配がある場合は自費診療となりますが、金属を一切使用しない被せ物のご用意もあります。
まずは、お気軽にご相談ください。

再発予防!予防の重要性

虫歯の再発リスク

一度虫歯となった歯は、虫歯の再発リスクをともないます。
被せ物や詰め物と歯の境目から虫歯菌が侵入して、被せ物の下で虫歯となっているケースも少なくありません。

一度虫歯治療を行った歯は、神経に近い部分まで歯を削っているため進行も早く、気が付いた時には神経にまで達していることも多くあります。
虫歯の再発を防ぐためにも定期検診を受け、被せ物や詰め物などに不具合がないかチェックしてもらう必要があります。

また、虫歯になりやすい環境を改善するために、定期的に歯のクリーニングを受けましょう。

お家でできる虫歯予防・歯周病対策
ワンポイントアドバイス

●鏡を見ながらブラッシング

ただ適当に歯磨きをしていては、虫歯や歯周病を予防できるとはいえません。
どの部分の歯をどのように磨いているのか、鏡を見ながら歯ブラシを動かして歯を磨きましょう。

●歯を磨く順番を決めて磨き忘れを防止

気の向くままにブラッシングをしていては、どの部分が磨けていて、どの部分が磨けていないのか分からなくなります。
その結果、磨き忘れが原因となり、虫歯を誘発してしまう可能性も否定できません。

歯を磨く順番をあらかじめ決めて、磨き忘れを防止しましょう。

●就寝前の歯磨きを心掛けましょう

忙しい現代社会においては、かならず毎食後の歯磨きが行うことが難しく、疎かになってしまうこともあります。
歯磨きが難しい場合は、うがいだけでも効果的です。

また、お口の中に潜む虫歯菌や歯周病菌は、就寝時に増殖するといわれています。
就寝前の歯磨きはとくに丁寧に行うように意識しましょう。

よくある質問

冷たいもので歯がしみます。
虫歯の可能性はありますか?

虫歯や知覚過敏の可能性があります。
虫歯であった場合には早期治療が望ましく、知覚過敏であっても症状を放置することは好ましくありません。

歯に黒い点を見つけました。
歯磨きをしていれば治りますか?

歯の黒い点は虫歯の可能性もありますが、黒ずんだ歯石や着色である可能性もあります。
いずれにしても、歯磨きでは改善することは難しいため、早めの受診をおすすめいたします。

歯が急に痛み出しました。
診てもらえますか?

激しい痛みがある場合は、急を要するケースもございます。
まずお電話でその旨をお知らせください。

他院で作った被せ物が外れました。
診てもらえますか?

被せ物が外れたままの状態は好ましくありません。
まずお電話でその旨をお知らせください。
ご予約の患者さまが優先となりお待たせしてしまうことがありますが、処置いたします。

痛みに弱く、歯科治療が苦手です。

痛みに配慮した治療を心掛けております。
また、麻酔の注射を打つ際も、まずは表面麻酔で針を刺す感覚を麻痺させた上で実施いたします。

▲ ページTOPに戻る

ドクターメッセージ
Doctor's message

■Doctor 
粟野 祐司 -Yuji Awano-

■ Message 
当院では、悪くなった歯だけを治療するのではなく、なぜその歯が悪くなったのか、原因を診査・診断することに重きを置いています。
それは、原因が分からずに治療をしても、また同じトラブルが必ず起きると考えているからです。
そのため、その歯だけを診るのではなくお口全体を診て、長期的に安定した口腔環境が整うよう、根本原因を探っていきます。
歯だけではなく、口内環境や長く続くお悩みがある方は、ぜひ一度当院へ相談にいらしてください。
また、当院では、患者さまのライフスタイルはもちろん、保険内治療か自費診療かといったコスト面も視野に入れながら、治療方法の選択肢をご提案しています。

著者 Writer

著者画像
粟野 祐司
【経歴】
・国立新潟大学歯学部 卒業 
・新潟大学歯学部総合病院 研修終了

【学会】
・日本口腔インプラント学会 所属

【資格】
・厚生労働省認定歯科医師臨床研修医指導医
・Branemark Inplant system Certificate 取得
・POI Implant system Certificate 取得
・American microscope root canal treatment course Certificate 取得
・南カリフォルニア大学歯学部(USC)Japan Program 修了
・CAMLOG implant expert Course 修了
・インビザライン 認定医(マウスピース矯正)
・Jリーグ 横浜FC 公認クラブデンティスト

BLOG

【シント=トロイデンVV】オフィシャルデンティスト就任のお知らせ 画像

【シント=トロイデンVV】オフィシャルデンティスト...

2024年 インビザライン ブラックダイヤモンドプロバイダーに認定 画像

2024年 インビザライン ブラックダイヤモンドプ...

エス歯科で取り扱っている歯ブラシについて 画像

エス歯科で取り扱っている歯ブラシについて

エス歯科6周年 画像

エス歯科6周年

オフィスホワイトニング後の後戻りについて 画像

オフィスホワイトニング後の後戻りについて

歯磨きのタイミング 画像

歯磨きのタイミング

井岡一翔選手 WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ 画像

井岡一翔選手 WBA世界スーパーフライ級タイトルマ...

2024年 明けましておめでとうございます。 画像

2024年 明けましておめでとうございます。

Medical

当院は虫歯・歯周病の治療からインプラント、矯正、予防歯科、顕微鏡治療まで幅広い診療項目に対応しています。

一般歯科アイコン

一般歯科

小児歯科アイコン

小児歯科

予防歯科アイコン

予防歯科

精密根管治療アイコン

精密根管
治療

歯周病治療アイコン

歯周病
治療

精密入れ歯アイコン

精密入れ歯

スポーツマウスガードアイコン

スポーツ
マウスガード

審美歯科アイコン

審美歯科

矯正歯科アイコン

矯正歯科

インプラント治療アイコン

インプラント治療

美容歯科アイコン

美容歯科

EXAMINATION

各種検査イメージ

各種検査

詳しく見る

横浜エス歯科クリニック

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区高島
2丁目18−1 そごう横浜 9F

最寄駅

JR・京浜急行線・東急東横線・横浜市営地下鉄
各線「横浜」駅より徒歩1分

駐車場

そごう横浜のパーキング館など、周辺の駐車場をご利用ください。

支払い方法

保険診療:現金/PayPay/LINE Pay
自由診療:現金/PayPay/LINE Pay/クレジットカード

10:00〜13:30
14:30〜20:00
お電話でのお問い合わせ

045-620-0600

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE予約アイコン

LINE予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー