クリニックブログ

2022.09.25更新

みなさんこんにちはflower2
暑かった日々が終わり少し冷え込む日が増えてきました。
体調など崩してはいないでしょうか?
食欲の秋たくさん食べて体調崩さないようにしていきましょうun


今回はインプラントにおすすめの歯磨き粉についてお話しさせて頂きます
それは「ConCool ジェルコートIP」です!
なぜおすすめかというと
①フッ素無配合でインプラントの腐食を防ぐ
②研磨剤フリー
③高い殺菌効果
の3点になります!

あ

 

・一つ目
フッ素無配合についてですが
みなさんの中でフッ素は歯にいいものという認識があると思いますが、それは間違えではありません⭕️
確かにフッ素は歯を強くしてくれるものですか、それは天然歯に対しての効果であり、フッ素はインプラントを腐食させてしまう原因となります。

・二つ目
研磨剤フリーについてですが
研磨剤が多く含まれているとインプラントの上部構造を傷つけてしまったり特に顆粒が入っているタイプだと歯茎と被せものとの間に入り歯茎が腫れてしまう原因となります。

・三つ目
高い殺菌効果についてですが
塩酸クロルへキシジンの配合により細菌感染のリスクを下げ、インプラント歯周炎の予防をします。

 

インプラントを長持ちさせるため日々のケアをしっかり行いましょう!
歯磨き粉はたくさん種類があるので迷われると思います。

成分、効果なので何がいいのか決めていただけると良いかと思います。
何か質問等あればスタッフまでお声掛けください!
当院では一般歯科はもちろん矯正、ホワイトニング、

インプラントの相談なども行っているので是非お問合せくださいrabbit

 

衛生士 斎藤

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2022.09.18更新

皆さんこんにちは!

本日はセラミッククラウン(被せ物)を用いて

審美修復した症例をお見せしますね!!

 

まず、被せ物についてです。

虫歯や外傷で歯の広範囲が失われた際には、修復のためにクラウン(被せ物)で歯を覆います。

オールセラミッククラウンとは、陶器でできたクラウンのことです。

天然の歯のような美しい見た目が特徴で、前歯の治療などによく使われます。

このオールセラミックには、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

【長所】

①天然歯のような美しい見た目
オールセラミッククラウンは、透明感がある白さが素材の特徴です。

治療では、患者さまの歯の色と合わせたクラウンを使うため、

その美しさは、天然歯とほとんど見分けがつかないぐらいです。

 オールセラミッククラウンはその審美性を生かし、目立ちやすい前歯の治療や、

ホワイトニングで白くできないほどに変色してしまった歯の治療に用いられることが多いです。

 

②アレルギーの心配がない
オールセラミッククラウンは陶器でできています。

一般的なクラウンのように金属製でないため、金属アレルギーの方でも安心です。

また長期の使用で金属の成分が口腔内に溶け出すことで、

将来的に金属アレルギーを発症してしまうリスクも防げます。

 

③歯茎が黒ずまない
金属製のクラウンだと、金属の成分が溶け出して歯や歯茎が黒く変色してしまうことがあります。

一方、陶器製のオールセラミッククラウンの場合そういった心配がありません。

 

④変色しづらい
例えば、レジン(プラスチック)製のクラウンは、長年使用すると、

唾液の影響で色が変色することがあります。

オールセラミッククラウンは、変色しにくく、汚れが付きにくいのも特徴です。

 

【デメリット】

①治療費が少し高い
オールセラミッククラウンは、保険適用外の治療になりますので、

費用の相場は1本あたり10万円~15万円です。

また、セラミックの素材の種類にはさまざまあり、金額や特徴がそれぞれ異なります。

②歯科医や歯科技工士により仕上がりが変わる
セラミッククラウンは、クラウンを作る歯科技工士の技術力や歯科医の腕次第で、

仕上がりに差が生じやすい治療です。

 

エス歯科クリニックでは、

経験豊富な歯科医・歯科技工士がしっかりと対応させていただきます。

まずはご相談ください!!

 

実際の症例になりますtooth

Before

あ

 

仮歯

あ

 

After

あ

 

前歯の被せ物感もなくなり、綺麗になりましたね!

被せ物にする流れとしては、型取りをして一度仮歯になります。

その後に、セラミッククラウンが入る形になります。

このように古くなってしまった被せ物のやりかえもそうですし

セラミック矯正といって前歯だけ部分的に早く綺麗にしたいという患者さま

にもオススメしております!!

少しでも興味のある方はスタッフまでお気軽にお声がけください!!

 

歯科医師 鈴木

 

 

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2022.09.11更新

こんにちは!

先日歯科医師に特化した求人サービス「クオキャリア歯科医師」が主催する

歯科医師専門にして、歯科業界最大級の就職説明会で

研修医の先生を中心に、6年生や転職を希望している方が多く参加するフェスです。

 

あ

 

出展医院は厳選された「勤務医として働きやすい環境」が整った医院のみで

その中で我々の法人 白浩会 エス歯科クリニック も参加して来ました!!

 

 

あ

 

 

多くの歯医者さんの卵の方がエス歯科のブースに来てくれました!

中には、実際に見学したいと予約してくれる方もいました♪

時間が足りなくてこれなかった方や

就職先を探しているそこのあなた!!

是非一度エス歯科に来みてくださいね♪

エス歯科の魅力をお届けいたします!!

お気軽にお問い合わせください!

 

歯科医師 鈴木

 

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2022.09.04更新

皆さんこんにちは!

厳しい暑さも少し落ち着いてきましたね!burn

本日は当院で行なっているインビザライン(マウスピース矯正)の

実際の症例をお届けしていきます!!

 

この症例はたったヶ月で保定期間に行けたケースです!!!

 

Before

あ

 

 

after

あ

インビザライン(マウスピース矯正)の平均治療期間は

1年半〜3年と言われていますが

ケースによっては半年で終わることもあります。

ただ、並べて終わりではなく、

矯正治療は後戻りといって、元の歯並びに戻ってしまうこともあります。

そのため、綺麗に並べた後は保定期間(歯茎や骨が動かした歯の位置にしっかり馴染んでいないため、

戻らないようにしっかりと固定を行う期間のこと)が必要になります。

保定期間としては通常、矯正治療後ケースにもよりますが

治療期間と同じ期間は毎日、就寝時、日中も含めて1日12時間以上、就寝時は必ず付けることが必須です。

それ以降も就寝時はつけていただく事をお願いしています。

 

このブログを読んで頂き、

少しでも気になることがあれば是非エス歯科へ!!tooth

スタッフ一同お持ちしております♪

 

 

歯科医師 鈴木

 

 

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター