クリニックブログ

2023.04.30更新

みなさんこんにちは!衛生士の町田です

口を閉じた時、上下の歯が当たっている方は要注意!
今、あなたは上の歯と下の歯がくっついてはいませんか?
TCHとは"Tooth Contacting Habit"の略で、歯列接触癖といい、上下の歯を"持続的に"接触させる癖のことです。

通常何もせず口を閉じている時、人の上下の歯は離れているもの。
正常な上下の歯の接触は、会話や食事をする際の接触する時間を含め1日20分程度とされています。
平常の安静時には上下の歯列間に1〜3mmの隙間があります。

 

<TCHの問題点>
上下の歯の接触と聞くと一般的には「かみしめ」や
「食いしばり」を思い浮かべる方が多いと思います。ですが、TCHはこれらと全く別のものです。

強い力がかかる歯ぎしりや食いしばりは、力のかかり具合が強く、

短時間でも不快感や違和感があるため自覚する方も多いです。

ですが、TCHは本人も気づかないような弱い力が継続してかかります。
上下の歯が接触する程度の力でも口を閉じる筋肉は働いてしまうのです。

微弱な力でも接触時間が長時間になれば筋肉は疲労してくるため、

顎関節は押えつけられることになり、感覚が敏感になって痛みを感じやすくなってしまいます。

また、歯の周りには「歯根膜」という組織があり、ここで食感などを感じ取っていますが、

この歯根膜は非常に敏感で、髪の毛1本を噛んだだけでもその感触をとらえます。

そのため、グッと噛みしめているわけではなくても、上下の歯が軽く接触しているだけで、歯根膜には刺激となって伝わってしまいます。

いつも上下の歯がくっついているクセがあると、歯やその周りの組織と筋肉が、常に緊張・興奮状態にさらされてしまうのです。
そして緊張状態が続き疲労がたまってくると、顎関節症の症状や噛み合わせの悪化が起きるだけでなく、

歯が傷みやすくなり、欠けてしまったり、詰め物が外れやすくなったりといった影響が出てきます。

このようにTCHがあると 関節への負担が増えるだけでなく、

歯や歯周組織の病気(知覚過敏、歯の破折、修復物の破損、歯周病など)つながる可能性が考えられています。

加齢とともに自覚症状が出てくるので、若いうちからTCHがあるかどうか気づくことが重要です。

<TCHのチェック方法)
姿勢を正しくして正面を向き、目をとじる
唇を軽く閉じる
上下の歯が接触しないように軽く離す

これに違和感を感じるようであればTCHの可能性があります。


《対策》
まず無意識に歯を合わせていることを本人が自覚し、その癖をやめるようにすることが大切です。
パソコンやスマホ、トイレ、

食卓などに「歯を離してリラックス」と書いた付箋を貼るなどして、自己認識しやすい環境をつくりましょう。
自分で気づかぬうちに、さまざまな症状を引き起こしてしまうTCH。気になる方は、ぜひ当院スタッフまでご相談ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました

DH 町田

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

entryの検索

カテゴリ

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター