クリニックブログ

2023.01.08更新

みなさんこんにちは! いかがお過ごしでしょうか
今回は妊婦さんに関するお話です!

妊娠中はお口の中でもさまざまな変化が起こっているため、虫歯や歯周病が進行しやすいです。

しかし、つわりなどで歯磨きが満足にできないことがありますよね。

そんな場合でもご自宅でも簡単にできる口腔内ケアをご紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね!


・つわりで歯磨き粉の味や香りが苦手になってしまった方

歯磨き剤は味や形状もさまざまな種類があります。

他の製品を試してみるもの良いかもしれません。
特にペースト状の歯磨き剤は発泡剤が含まれていることが多く

口の中が泡でいっぱいになり気持ち悪くなってしまうことがあるかもしれません。

そんな時には歯磨き剤の量を減らしたり、発泡剤の含まれていないジェルタイプもあるのでそちらもおすすめです。


・体調が悪く歯磨きが困難な場合
体調が悪い時は、無理に歯磨きをする必要はありません。

食後に歯を磨けない場合、

つわりをしてしまい嘔吐してしまった場合はお水で軽くうがいをするだけでも構いません。

ただし、就寝前は無理のない程度で歯磨きをすることをおすすめします。
寝ている間は菌が最も繁殖するタイミングになります。

虫歯や歯周病の進行を防ぐためにも短時間で構いませんので軽くブラッシングしてあげると良いでしょう。

体調に問題がなければ、ぜひ妊娠期間中に歯科医院で検診や歯のクリーニングを受けましょう。

お口の中を細部までクリーニングができますし、どのような箇所に汚れが残りやすいか、

どのように歯ブラシを当てたらよいかなど、患者様1人ひとりのお口の状態に合わせたお話、

歯磨きのレッスンを行わせて頂きます!

虫歯の治療なども、妊娠安定期であれば体に無理の無い範囲で配慮しながら行うことができますので、

気になることがあればお気軽にご相談下さい♪

あ


歯科助手 大島

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

entryの検索

カテゴリ

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター