クリニックブログ

2022.05.08更新

こんにちは。衛生士の町田です!
今回は舌苔(ぜったい)についてお話します。

皆さん、舌は磨いていますか?

歯のケアはしているけど、

舌のケアは何もしていないという方は

多いのではないでしょうか?
舌を鏡で見ると舌の表面が白かったり

黄色くなっていませんか?

舌には「舌苔」と呼ばれるコケの様なものが

付いていることがあります。

これは食べかすだけではなく、

細菌やウイルスが舌の表面に付着したものです。

最新の研究では、

新型コロナウイルスを活性化させ、

細胞に侵入させやすくする物質が

舌苔の中に存在していることがわかってきました。

だからこそ舌磨きで舌苔を減らす必要があります。

舌苔を放置しておくと…

●口臭の原因になる

口臭の90%以上は口の中に原因があります。

口臭の主成分は口の中の細菌が

含硫アミノ酸を分解することにより

発生するガスであり、

揮発性硫黄化合物と呼ばれています。

舌苔は含硫アミノ酸を含む

剥離上皮細胞に富むことから、

揮発性硫黄化合物のおもな発生原因となります。

また口臭がある人とない人とでは、

舌苔の細菌構成が異なります。

また歯周病になると舌苔も増える傾向があります。

 

●味覚障害

舌の表面には味蕾(みらい)と呼ばれる、

味覚を感じる器官があります。

蓄積した舌苔により味の刺激を

感じる味蕾が機能しなくなり、

味覚障害になる恐れがあります。

 

●誤嚥性肺炎

食べ物や飲み物、口腔内の分泌物などが

気管や肺に入ることを誤嚥(ごえん)と言い、

誤嚥によって引き起こされる肺炎を

誤嚥性肺炎と言います。

舌苔が多いと、

誤嚥性肺炎を引き起こす原因となる

細菌を誤嚥をした時に、

細菌が気管や肺に入ってしまうため、

誤嚥性肺炎になるリスクが高くなってしまいます。

なかでも睡眠中に少量の唾液が

気管に入って起こる不顕性誤嚥は、

本人も自覚がなく危険です。

口の中の細菌を減らす為に

舌苔を除去し清潔に保つことがとても重要です。

あ

①舌をできるだけ前に突出させます

②舌ブラシを水で濡らしてから舌に当て、

なでるように優しく舌の奥から

手前に引く様に磨きます。
舌の先端ではなく奥2/3を磨くのを意識します。

あ

③軽く流水で流しながら数回繰り返します。
ブラシに絡め取った汚れが目に見えるので、

ブラシに汚れが付かなくなったら

磨き終わりの目安です。

④使用後は流水でしっかり汚れを落として、

湿気の少ない涼しいところで清潔に保管しましょう。

毎日コツコツ舌ケアをして

お口の環境もよくしていきましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございましたflower2

DH 町田

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター