クリニックブログ

2021.07.16更新

みなさんこんにちは!

歯科検診で『CO』と言われたことはありませんか?今日はその『CO』についてのお話ですflower2

 

COとはいわゆる初期虫歯(虫歯になる手前の状態)のことです。歯のミネラルが溶け出してしまっていて、歯に穴はあいておらず白斑や白濁が確認できる状態のことをいいます。

もちろんしみたり痛みが出ることはないので、自分で気づくのはなかなか難しいかもしれませんnamida

 

1

 

COが進行すると、虫歯となりC1(エナメル質の虫歯)〜C4(歯の根まで進んだ虫歯)まで進行してしまい、痛みが出たり治療も大変になってきてしまいます。

そうならないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

実はCOの段階であれば、再石灰化により初期虫歯を治すことが可能なんです!

衛生士によるブラッシング指導で正しいケア方法を覚えれば、再石灰化の確率は高まります。

丁寧に歯垢を落とすことに加えて、その再石灰化を促進する「フッ素ケア」が大切です。

 

2

唾液の中にはカルシウムやリンが含まれていて、溶けてしまった歯の内側に入り込み、元に戻す働きがあります。

これを「再石灰化」といいますが、フッ素は歯を強化しながら再石灰化を促進する働きがあります。

当院でもフッ素を多く含んだ歯磨き粉を販売していますので、気になる方はスタッフにお声掛けくださいni

 

受付 金子

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター