220-0011
神奈川県横浜市西区高島
2丁目18−1 そごう横浜 9F

電話マーク

お電話

メニュー

デンタルフロスについて

デンタルフロスについて

/

症状から記事を探す

みなさんこんにちは!

 

みなさんはデンタルフロスを使用していますか?

習慣的に毎日使用する方もいれば、

たまにつかう方や歯に物がはさまったときだけ使う方、

まったく使用したことのない方、

さまざまな方がいらっしゃると思います。

むし歯や歯周病の原因は、歯と歯の間や歯ぐきの中にいるプラークです。

フロスは歯に挟まった食べかすを取るだけの道具ではなく、

歯ブラシだけではとれない歯と歯のあいだの汚れのプラークを取るのに最適なアイテムです!

 

今回は、デンタルフロスの種類や効果などをご紹介させていただきます!

まず、デンタルフロスとは、歯と歯の間の隙間や歯ぐきの中に溜まった食べカスや

歯垢を取り除くための歯科衛生用具です。

細い糸状の素材でできており、

歯ブラシでは届きにくい箇所にも簡単にアクセスできます。

デンタルフロスの使用によって、歯と歯ぐきの間の清掃を行い、

歯周病や虫歯の予防に役立ちます。

毎日の歯磨きと組み合わせて使用することで、口内の清潔を維持し、

健康な歯と歯ぐきを保つことができます。

まず、種類についてです。

デンタルフロスには持ち手がついているものとついていないものがあります。

それぞれのメリット、デメリットについてお話します。

 

持ち手がついているフロスは、初めての人でも使いやすい、

奥まで届きやすいというメリットがあります。

反対に、詰め物や被せ物が取れやすい、操作性が悪いといってデメリットもございます。

一方、持ち手がついていないデンタルフロスは、歯ぐきの中まで入れやすい、

叢生部の操作性がよいというメリットがあります。

反対に、操作が難しい、両手を使ってめんどくさいというデメリットがあります。

自分のお口の中や、やってみてやりやすいかどうかを見て

どちらか決めていただくと良いと思います!

デンタルフロスは様々な人に適用される歯科衛生用具です。

例えば、

①歯と歯の間に歯石がつきやすい人

②歯を磨く時に血が出る人

③歯と歯の間の隙間がある人

④歯の表面以外も綺麗にしたい人

⑤口臭を予防したい人

などです!

特に①の人は、歯科医院でクリーニングした時によく歯科衛生士さんにおすすめされているかと思います。

歯周病やむし歯の原因は沢山ありますが、歯と歯の間のケアをすることも予防のひとつとなります。

 

ほかにもデンタルフロスフロスにはいくつか種類もありますので、ご自分のお口にあったものはなにか探しにぜひ医院に来てみてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

歯科衛生士 萩原

BLOG

横浜FC エス歯科グループ MATCH(2024) 画像

横浜FC エス歯科グループ MATCH(2024)

詰め物の劣化について 画像

詰め物の劣化について

インプラント埋入実習 画像

インプラント埋入実習

噛み合わせによる歯の痛みについて 画像

噛み合わせによる歯の痛みについて

インビザライン症例 画像

インビザライン症例

デンタルフロスについて 画像

デンタルフロスについて

歯ぎしりや食いしばりについて 画像

歯ぎしりや食いしばりについて

インビザライン・ジャパン主催のインビザライン勉強会を行いました。 画像

インビザライン・ジャパン主催のインビザライン勉強会...

横浜エス歯科クリニック

住所

220-0011
神奈川県横浜市西区高島
2丁目18−1 そごう横浜 9F

最寄駅

JR・京浜急行線・東急東横線・横浜市営地下鉄
各線「横浜」駅より徒歩1分

駐車場

そごう横浜のパーキング館など、周辺の駐車場をご利用ください。

支払い方法

保険診療:現金/PayPay/LINE Pay
自由診療:現金/PayPay/LINE Pay/クレジットカード

10:00〜13:30
14:30〜20:00
お電話でのお問い合わせ

045-620-0600

ご予約はこちら
WEB初診予約

BACK TO TOP

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE予約アイコン

LINE予約

お電話アイコン

お電話

アクセスアイコン

アクセス

メニュー