クリニックブログ

2021.03.24更新

みなさんこんにちはflower2

みなさんは最近、リモートワークや自粛期間でお家にいる時間が増えて「だらだら食べ」を、してしまってはいませんか??

私たちの口腔内のpHは通常、ほぼ中性で保たれていますが、
食事をすると食事に含まれている糖を餌に口の中の細菌が酸をつくり歯を溶かし始めてしまいます。

これを「脱灰」といいます。
この時お口の中のpHは酸性になっていますが、唾液の「緩衝能」によって食後1時間ほどかけてゆっくりと中性に戻されていきます。

1

 

間食の時間が長くだらだらと食べていると口の中が常に酸性の状態になり、脱灰してる時間も多くなり虫歯になりやすくなってしまいます。

さらに、注意するべきなのは飲み物です!
糖が多く含まれているジュースや酸の強い炭酸飲料、乳酸菌飲料、オレンジジュース、お酢やレモンも要注意ですbibibi

 

お食事を制限すると言うよりは、間食の時間を短くする、食べたら歯を磨くなど規則正しい食生活をし、再石灰化を促すことが大切になります!!

最後まで読んでいただきありがとうございましたni

歯科衛生士 齋藤

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター