クリニックブログ

2020.12.09更新

みなさんこんにちは。
今回は前歯にインプラント治療をされた患者様の症例をご紹介します。

1

 

矢印の左上の前歯の根っこが破折し、歯茎から膿がでている状態でした。
抜歯が必要なため、インプラント治療をご希望されていました。


前歯は骨が薄く、インプラントは奥歯よりも難しいと言われております。

上の前歯は特に目立つ部分なので、歯の色、形、インプラントの土台となるアバットメントの材料など細部に注意をする必要があります。

特にアバットメントはチタンの素材だと、歯ぐきが下がってしまった時などに黒ずんで見える原因になってしまいます。
当院では、金属を使用しないジルコニアの素材も使用しております。

治療後のお写真です。

2

 

左上の前歯はインプラントを埋入。
右上前歯は元々神経の治療をされていたので、インプラントに合わせてセラミックの被せ物をいれました。

元々前歯が大きめの方でしたので、患者様と相談し、女性らしい形の前歯に仕上げました。
とても綺麗になったとご満足しておられました。


当院では難しい症例のインプラント治療にも対応しております。また、前歯のような審美ケースも得意としておりますので、ぜひご相談くださいnico


歯科衛生士 古谷

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター