クリニックブログ

2020.06.23更新

こんにちは!

歯科衛生士の町田です︎nico

みなさん、こんなお悩みはありませんか?

・前歯の隙間が気になる、隙間をなくしたい
・なるべく歯を削りたくない
・歯の形が気に入らない、歯の形を治したい
・虫歯をきれいに治したい
・以前に治療した詰め物が変色してきた
・金属の詰め物を白くしたい
・歯がかけた


このようなお悩みのある方に対応できる治療法を紹介します!

 

グラディアCRという、多色の歯科用プラスチックを直接お口の中で盛りつけていき、天然歯のような自然な色や形を再現する治療法ですglitter

この方法は、セラミックによる被せ物(クラウン)や詰め物(インレー)に比べて、歯を削る量を抑えることができます。

 

従来の歯科用プラスチックでは、歯の複雑な色味や質感を再現することが難しかったですが、

近年、透明感や色調が豊富に揃った審美修復用プラスチックが開発され、

多数の色調を盛り重ねることで、自然な歯を再現できるようになりましたglitter3

 

セラミックが配合されているため、従来の保険適用プラスチックより変色しにくく、強度も高いため、美しい状態で機能を維持することができますni

 

今回は正中離開(すきっ歯)のケースについてご紹介します。

 

before↓

1

 

すきっ歯は、歯と歯の間に隙間がある状態のことをさします。

特に前歯を気にされる方が多いのですが、この隙間をセラミック配合のレジンで詰めて改善しました。

 

after↓

2

2

 

口元の印象が大きく変わり、患者様にも満足していただけましたglitter

 

メリット・デメリットはつぎのとおりです。

メリット>

・歯を削る量が少なく、歯にやさしい
・型どりをする必要がないので、1日で終わる
・自然な歯の色を再現することができる
・欠けたりした時に、修復が簡単にできる

<デメリット>

歯の当たり方によって詰め物が割れたり外れたりすることがある

治療時間が従来の治療より長くなることがある

虫歯が広範囲な場合などには適応できないことがある
多少変色する(研磨することで改善できます)


気になることがあれば、お気軽にスタッフまでお声がけ下さいrabbitheart3

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

衛生士 町田

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター