クリニックブログ

2020.05.11更新

みなさんこんにちはtooth

今回は根管治療(歯の神経治療)の症例です。

治療前

 1

治療後

 2

銀歯が取れてしまい来院されましたが、中がむし歯になっており、そのむし歯が原因で神経が失活(神経が死ぬこと)して根の先に炎症が起きてしまっていました。

レントゲン写真の丸で囲んだところが炎症の起きている範囲で、黒っぽくなっています。これは、根の周りの骨が炎症によって吸収されているため黒く映っています。

根管治療をして根っこの中にいる細菌や汚れを除去し、きれいにしたことで炎症が改善しました。

治療前に比べ、治療後では黒い影がかなり減っているのがわかるかと思います。

当院では、以前にも紹介したラバーダムを用いて根管治療を行うなどして成功率や予後が良くなるようにしています。

根の治療に関して、また根っこの治療をした歯が痛いなど、お困りのことがあればご相談ください!

 

歯科医師 津川

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター