クリニックブログ

2021.12.12更新

みなさんこんにちは!衛生士の町田ですrabbit

 

11/14日にJDICA主催のデンタルインプラントコーディネータ講習会を受講させて頂きました。

 

あ

インプラントコーディネーターとは社団法人JDICAが定める患者さんと

医療従事者に間にある知識やコミュニケーションのギャップを埋め、

必要な方が、必要なときにインプラント治療を受けられ、

結果、満足のいく治療結果と質の高い日常生活(QOL)を獲得するための資格で、

いわば歯科医師と患者さんとの架け橋的な役割を担います。

 

インプラント治療をするにあたり、先生には聞きたくても聞けない、言いたくても言えないなど、

わからないことや不安な気持ちをお持ちの患者さんのお役にたてるように、

このセミナーで得た知識を日々の診療に活かしていきたいと思います!

 何かございましたらぜひ、お気軽にご相談くださいflower2

 

DH 町田

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.12.05更新

こんにちは!

 

突然ですが皆さんは普段歯ブラシをどれくらいのタイミングで変えていますか?

 

目安としては1ヶ月と言われています。

 

短いと感じる方もいらっしゃると思いますが、1ヶ月過ぎると…

毛先が広がってしまう…

歯ブラシ自体に菌が繁殖してしまう…

と、マイナスなことしかないんです!!

c

 

 

なぜ良くないかといいますと、

毛先が広がってしまった歯ブラシを使い続けていると20〜40%歯垢除去率が低下すると言われています。

実際にクリーニングの際に歯磨きを時間かけて丁寧にしているのに汚れが溜まってしまうと患者様から

お声を頂きますが同じ歯ブラシを何ヶ月も使ってる方が多いように感じます。

 

つまりいつもと同じように丁寧に歯磨きしていたとしても清掃効率が格段と下がるので

汚れが溜まって虫歯や歯周病の原因になってしまうのはもったいないですよねnamida

 

一ヶ月に一度は歯ブラシを替えてすっきりしましょう!!

 

エス歯科では、様々なタイプの歯ブラシを取り扱っているのでお好みの歯ブラシを提案させていただければと思います。お気軽にお声掛けくださいね!

 

歯科衛生士 江里口

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.11.28更新

 

こんにちわ!歯科衛生士の下城です。

 

みなさんは定期検診に行ってますか?

 

エス歯科クリニックでは、3ヶ月ごとの定期検診をオススメしています!

 

「歯が痛くなったら歯医者に行こう」と考える人が多いのですが、歯は何歳になっても使っていくものです。

自分の歯を維持するためには、予防を心がけることがとても大事です。

 

お口の中は複雑な構造なので、自分で100%汚れを落とすというのは難しいです。毎日丁寧に磨いているつもりでも、

取り除けていない汚れが徐々にたまっていきます。そこで重要になるのが定期検診です。

l

定期検診を受診すれば、むし歯や歯周病といったトラブルが発生しても早い段階で発見できるので、簡単な治療で済む事が多いです。

そして、専門的なクリーニングなどのメインテナンスを受ければ、

汚れが深刻化する前に取り除けるため、お口の中を健康にたもつことができます!

 

むし歯や歯周病が無い人も、定期検診を受けにぜひ来てくださいね

 

衛生士 下城

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.11.21更新

こんにちは、いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

本日は【デンタルローン】についてご紹介させて頂きますflower2

デンタルローンとは、ローン会社が患者様に代わって歯科治療費を立替え、

患者様がローン会社に分割でお支払をいただくという支払い方法です。
インプラントや矯正治療などは自費診療となるため、費用の支払いに対する不安を抱える方は少なくないかと思います。
そういった方もデンタルローンを利用していただく事で、早期の治療開始が可能となります。

デンタルローンは一般的なカードローン等に比べて、金利が抑えられるのが特徴ですglitter
ホワイトニングを除く自費診療での治療全般が対象となり、デンタルローンでお支払いただいた治療費は医療費控除の対象にもなります。
基本的にはインターネットで申し込み手続きが完了いたしますので、窓口等に足をお運び頂く必要はございません。

ベストな治療を選択したいけど、費用も気になる…というのは、みなさま共通のお悩みかと思います。
興味のある方は、ぜひお気軽にクリニックでスタッフにお尋ねくださいね。
パンフレットのご用意もございますので、ご覧になりたい方は受付スタッフにお申し付けくださいませ。

d

受付 磯部

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.11.14更新

こんにちは!今日は歯茎にできるできもののお話です。

よく患者様から「歯茎にニキビのようなものができた」「歯茎に口内炎のようなものができたが痛くない」

とお問い合わせをいただくことがあるのですが、実際に拝見するとニキビや口内炎ではなく『フィステル』であることが多い印象があります。

フィステルとは、歯茎にできるできものの一種で痛みがないため気づかない、気にしない方も多くいらっしゃいます。

フィステルのある歯茎では、歯の根っこ部分(歯根)の先端で炎症が起きてできた膿が袋を作って溜まっています。

膿が溜まるにつれて袋の内圧が上がり歯茎の表面から膿を放出しようとしてニキビのようなフィステルが出現します。

 

d

フィステルができてしまう要因は何があるのでしょうか?

◼️歯の神経が死んでいる

・・・歯の神経が死んでしまうと細菌が増殖し、フィステルにつながる可能性があります。

神経まで達するような虫歯や、転倒やぶつけたりして外傷が加わった時は注意が必要です。

◼️治療済みの歯の再感染

・・・過去に治療をした歯でも精度が不十分だと取り残された細菌の増殖から炎症に繋がることがあります。

◼️歯根破折

・・・折れてしまった歯根の部分から細菌が入り込んでフィステルや炎症に繋がっていきます。

 

フィステルができてしまっても消失することもありますが、根本的な治療をしない限り再発する可能性もあり、

放置していても治るものではありません、、

大人だけではなくお子様に口内炎ができたと思っていたらフィステルだったということもあります。

悪化してしまうと治療も大変になってくるので早めにご相談いただくことをお勧めします!

 

当院では根管治療の際に細菌混入を防ぐゴムのシート(ラバーダム)を使用し、

徹底した洗浄をおこなうことで、根管内を無菌化して、細菌感染による炎症や再発を防いでおります。

また、マイクロスコープを使うと最大肉眼の32倍まで患部を拡大することができ、数ミクロン単位での治療が可能です。

痛みや膿のある部分を、細かいところまで徹底的に除去・殺菌することで、歯を残せる可能性が高まります。

長くなりましたがご不明点があればお気軽にお問い合わせください(^_^)

 

受付 金子

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.11.07更新

こんにちはglitter衛生士の古谷です。

先日、北海道で開催されたiACD( International Academy of Contemporary Dentistry ) Japan 2021に参加してきましたglitter

a

今大会では、私が6ヶ月間研修で通ったiDHA(国際衛生士学会)コースの受賞式もありました。

a

無事に国際的認定資格を所得し、

"iDHA認定歯科衛生士"になる事ができましたihi

k

また、今回の学術大会では4期生の歯科衛生士代表として症例発表も行わせていただき、非常に貴重な経験になりました。

k

半年間通ったコース、IDHA(国際歯科衛生士学会)は世界基準の予防歯科を学べる歯科衛生士のセミナーです。

歯科衛生士として必要な予防の知識や実技実習を受け、自分の技術を再確認するだけでなく、歯周病治療の新しい知識も習得することが出来ました。

k

半年間のコースで学んだことを日々の診療に生かし、患者様に貢献できるよう努力していきます。flower2

 

歯科衛生士 古谷

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.10.29更新

先日、新宿で行われたDH就活フェスに

参加してきましたglitternicoglitter

1

 

 

『DH就活フェス』というのは、

現在、衛生士学校に通っている学生や、

転職を考えている既卒者を対象に

歯科医院のアピールを行うものですtooth

 

 

皆さん熱心にこちらの話を聞いてくださいました。

 

"是非見学に来たい!"と言ってくださる方もいて

とても嬉しかったですgyaglitter

 

 

私もこの就活フェスで当院を知り、

ブースで対応してくれた先生と衛生士さんが、

親切に教えてくれてとても印象に残りました。

 

実際に見学に行ってみて、

"絶対ここの歯医者さんで働きたい!"

ビビッと感じました!

就活中の方は、どこに見学に行ったら良いのか沢山

迷われると思いますが、

是非当院にも見学に来て雰囲気を感じてください笑うglitter2

 

 

来年の4月には新しい歯科衛生士の仲間が

増えるので私もとっても楽しみですnotegya

 

 

 

歯科衛生士 岡

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.10.25更新

こんにちは。

 

今回はインビザライン(マウスピース矯正)で前歯をメインに矯正した症例です。

患者様は下の前歯の歯並びを気にされていました。

ワイヤー矯正よりも簡便で費用も治療期間も抑えられるマウスピース矯正を提案させて頂きました。

前歯のでこぼこに焦点をしぼり、費用を抑えたプランで治療することになりました。

 

 

治療前

123

 

治療後

 

1

3

4

 

約4ヶ月という短期間で、下の前歯のラインがきれいに整いました。

このように軽度の叢生(でこぼこ)であれば短期間・低費用で治すことも可能です。

歯並びが気になっている方はぜひ一度ご相談ください。

 

歯科医師 津川

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.10.15更新

こんにちは!


今回は、フッ素のちからについて実験してみました。
皆さんが使っている多くの歯磨き粉にもフッ素が含まれています。
フッ素って『歯を守る』と言われていますが、実際どの程度なのでしょうか?

 

茶色の卵の一部に歯科医院で使用されているフッ素(9000ppm)を塗り、丸一日(24時間)酢に漬けてみました!

1

何故、酢なのかと言うと虫歯菌は代謝の過程で酸を出し歯を溶かして虫歯を作っていくからです!

 

 

24時間後

2

フッ素を塗ったところ以外は殻が溶けてしまいました!
フッ素を塗ると『歯が守られる』ことがよくわかりますね。


しかし、フッ素はしっかりと歯磨きができていないと効果を最大限に発揮できません。
きちんと汚れを落として効果的にフッ素を取り入れてみて下さい。

 

歯科衛生士 青木

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.10.07更新

空は深く澄み渡り、さわやかな季節となりましたが、皆様もお変わりなくお過ごしでしょうか。

 

今回ご紹介させていただくのは、前歯の見た目に不満を抱えていた患者様の症例です。

患者様は、すきっ歯で歯の根本が黒いのを気にされていました。

1

 

上の真ん中の歯2本を根管治療(神経の治療)からやり直し、オールセラミッククラウン(かぶせもの)にて治療しました。

 

オールセラミックは天然の歯に限りなく近い見た目を再現できます。また劣化しにくい材料のため、何年経ってもほとんど変色しません。

さらにプラークが付きにくいため、きれいに磨きやすいというメリットもあります。

 

当院ではオールセラミッククラウンの型どりを行う時、シリコーンゴムでできた材料を使用することも可能です。

この材料は一般的に広く使用されている材料(寒天+アルジネート)と比べると精密に型どりができ、

取れた型の変形も少ないため、より精密な被せ物を製作することができます。

 

治療後の写真がこちらになります。

2

 

患者様から、歯を見せることに抵抗がなくなったと喜んでいただけました!

歯の色や形が気になるなどのお悩みがありましたら、

ぜひご相談ください!!

 

 

歯科医師  鈴木

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

前へ 前へ
横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター