クリニックブログ

2021.07.16更新

みなさんこんにちは!

歯科検診で『CO』と言われたことはありませんか?今日はその『CO』についてのお話ですflower2

 

COとはいわゆる初期虫歯(虫歯になる手前の状態)のことです。歯のミネラルが溶け出してしまっていて、歯に穴はあいておらず白斑や白濁が確認できる状態のことをいいます。

もちろんしみたり痛みが出ることはないので、自分で気づくのはなかなか難しいかもしれませんnamida

 

1

 

COが進行すると、虫歯となりC1(エナメル質の虫歯)〜C4(歯の根まで進んだ虫歯)まで進行してしまい、痛みが出たり治療も大変になってきてしまいます。

そうならないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

実はCOの段階であれば、再石灰化により初期虫歯を治すことが可能なんです!

衛生士によるブラッシング指導で正しいケア方法を覚えれば、再石灰化の確率は高まります。

丁寧に歯垢を落とすことに加えて、その再石灰化を促進する「フッ素ケア」が大切です。

 

2

唾液の中にはカルシウムやリンが含まれていて、溶けてしまった歯の内側に入り込み、元に戻す働きがあります。

これを「再石灰化」といいますが、フッ素は歯を強化しながら再石灰化を促進する働きがあります。

当院でもフッ素を多く含んだ歯磨き粉を販売していますので、気になる方はスタッフにお声掛けくださいni

 

受付 金子

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.07.07更新

みなさんこんにちはni

 

今日は、前歯が欠けてしまい被せ物とインプラントで修復した方の症例をご紹介させていただきますtooth

 

こちらが、初診でご来院いただいた時のお写真です↓欠けてしまった上の前歯2本は他院で応急的に詰め物がしてありました。

1

 

当院ではまずCTの撮影を行い、顕微鏡を使って状態を診断しました。

 

写真でみて右側の歯は、歯の根まで破折していたため抜歯が必要となり、インプラント埋入を行いました。

ブリッジにて歯を入れる選択もありますが、「歯が長持ちする治療を優先して選びたい」という患者様のご希望によりインプラントに決定致しました。

 

左側の歯は、破折の可能性もありましたが、

「なるべく歯を残したい」

という患者様のご希望を尊重し、抜歯はせずに顕微鏡を使って精密に根の神経治療を行い土台をたてて被せ物にしました。

 

こちらは、最終的な被せ物が入るまで治療途中に入れていた仮歯です。↓

 2

 

 

こちらが、最終的な被せ物が入った時のお写真です↓精密な型取りをし、2本とも同じ種類のジルコニアの被せ物が入っています。

3 

 

現在は検診に通っていただいていますが、毎回とても綺麗にお掃除されていて順調ですglitternicoglitter

 

当院では最新機材を使用し、しっかりカウンセリングを行った上で治療方針を決めていきます。

また、インプラントをいれた後の定期的なチェックもしっかりと行っています。

何か気になることがございましたら、

ドクターやスタッフにお気軽にご相談くださいgyaglitter

 

 

歯科衛生士 岡

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター