クリニックブログ

2021.01.24更新

みなさんこんにちは!
今回は歯とお食事についてのお話ですmeal

我が家には1歳の娘がおりますが、最近上下の前歯8本が生え揃い、だいぶいろいろなものを噛むことができるようになり、たくさんの食材を楽しめるようになりました!
大人にとっても毎日おいしい食事を楽しむために、歯の健康は欠かせないものですよね。
奥歯には奥歯、前歯には前歯の役割があり、どれが欠けても食べ物をおいしく食べることができません。
様々な役割の歯が揃ってこそ食べ物をおいしく食べることができるのです。

歯の本数が少なくなるにつれ、しっかり物が噛めなくなり、食べられる物の種類が減っていきます。
おいしく食べるためには18~28本の歯が必要と言われています。
18~28本の歯があればフランスパンやたくあんなど、固い食べ物でも食べられますが、

0~5本しか歯が残っていないと、バナナやうどんなど軟らかいものしか食べられなくなってしまいます。

また歯がなくなると食べられる物が限られるだけでなく、食事がおいしく感じなくなるということも研究で明らかになっていますbibibi

1

よく噛んで、いろいろな食材をバランスよく食べられるということは、全身の健康に直結することですni
またよく噛んで食べることは胃腸に良いばかりでなく、頭の働きを良くしたり、肥満予防、味覚の向上などたくさんのメリットがあります!

生涯おいしいものをたくさん楽しめるように、みなさんも歯の健康をしっかり維持していきましょうglitter

 

受付:磯部

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.01.16更新

こんにちは歯科衛生士の江里口です。

 

みなさんは、歯磨きの時に歯ブラシ以外の物を使っていますでしょうか?

 

よく歯ブラシだけでの歯磨きでは、どんなに頑張っても6割程度しか磨けないと言われます。

それは、歯ブラシだけだと歯と歯の間のお掃除ができていないからなんです!!

フロス(糸ようじ)や歯間ブラシ、タフトブラシなどといった歯と歯の間の専用の補助用具を使うと、8割程度まで汚れが落ちると言われています。

そこで今回はフロスの使い方についてお話させてくださいnote

フロスと言っても2種類あります。糸ようじと言われるホルダータイプと、デンタルフロスと言われる糸のタイプです。

難しく思われがちですが、慣れてしまえば簡単なコスパの良い糸タイプがおすすめです!

1

 

使い方は、

1、フロスを40〜50センチに切ってもらってイラストのように中指に巻きつけ、間を15センチ前後の長さにします。

2、両手の人差し指と親指で掴みピンと張ります。

3、歯と歯の間にそっと入れて数回動かして汚れをかきだします。

4、使ったら少しづつ使う場所を変えましょう。

 

2

 

指の使い方としましてはイラストのような感じに

なるので参考にやってみてくださいnico

 

大事な歯なのでいつまでも大切にしましょうni

そして、ぜひエス歯科で、口腔ケアを一緒に頑張りましょう!!

 

衛生士 江里口

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.01.16更新

こんにちは歯科衛生士の江里口です。

 

みなさんは、歯磨きの時に歯ブラシ以外の物を使っていますでしょうか?

 

よく歯ブラシだけでの歯磨きでは、どんなに頑張っても6割程度しか磨けないと言われます。

それは、歯ブラシだけだと歯と歯の間のお掃除ができていないからなんです!!

フロス(糸ようじ)や歯間ブラシ、タフトブラシなどといった歯と歯の間の専用の補助用具を使うと、8割程度まで汚れが落ちると言われています。

そこで今回はフロスの使い方についてお話させてくださいnote

フロスと言っても2種類あります。糸ようじと言われるホルダータイプと、デンタルフロスと言われる糸のタイプです。

難しく思われがちですが、慣れてしまえば簡単なコスパの良い糸タイプがおすすめです!

1

 

使い方は、

1、フロスを40〜50センチに切ってもらってイラストのように中指に巻きつけ、間を15センチ前後の長さにします。

2、両手の人差し指と親指で掴みピンと張ります。

3、歯と歯の間にそっと入れて数回動かして汚れをかきだします。

4、使ったら少しづつ使う場所を変えましょう。

 

2

 

指の使い方としましてはイラストのような感じに

なるので参考にやってみてくださいnico

 

大事な歯なのでいつまでも大切にしましょうni

そして、ぜひエス歯科で、口腔ケアを一緒に頑張りましょう!!

 

衛生士 江里口

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.01.07更新

こんにちは。

今回は知覚過敏についてのお話です。

 

皆様、歯ブラシの毛先を当てたり、冷たいものや熱いもの、風がかかると一時的にしみる、あるいは痛むことはありませんか?

このような症状は知覚過敏の可能性があります。

 

知覚過敏は、最表層のエナメル質の中にある、痛みを感じる部分である象牙質が表に出てきてしまうことにより起こります。

加齢や噛み合わせ不良による歯茎の退縮、歯がすり減ったり溶けたりすることによって、象牙質が表に出てきてしまい知覚過敏が起きます。

またホワイトニングの薬剤でも知覚過敏の症状が起きる場合があります。

 

1

知覚過敏の治療にはいろいろありますが、

歯科医院では薬材塗布や神経を保護する材料で充填することが多いです。

当院では、神経の知覚を鈍くするお薬や、象牙質をコーティングすることによってしみるのを抑制するお薬等、作用が違ったお薬をいくつかご用意させていただいております。

また、しみ止め効果のある歯磨き粉を使っていただき、症状の経過を見ていくこともあります。

 

 

2

 

知覚過敏の原因は人それぞれです。

まずは知覚過敏が起こっている原因を知ることが大事です。その原因により治療方法が異なります。

症状がある場合はお気軽にご相談ください。

 

歯科医師 野田

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2021.01.03更新

皆さま、明けましておめでとうございます。

昨年は新型コロナウイルス感染の拡大を受け、そごう横浜店が休業するなど横浜エス歯科としても影響の大きい一年となりました。

そんな中、エス歯科グループとしては5院目となる東戸塚エス歯科クリニックがオープンし、全体の力で前に進めた一年でもありました。

横浜エス歯科にもそのような状況にも関わらず、昨年も多くの患者様に来院して頂き感謝の気持ちでいっぱいです。

今年も新たな気持ちで皆さまにより良い医療を提供できるよう、スタッフ一同、一層の努力をしていきたいと思っております。

今年もエス歯科グループをどうぞ宜しくお願い致します。

 

院長 粟野

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター