クリニックブログ

2020.09.29更新

みなさんこんにちは!
歯科衛生士の竹田ですnyan
夏も終わりだんだんと涼しくなってきましたね!

 

さて、今回は「エアフロー」についてお話ししたいと思います。

エアフローとは、非常に細かいパウダー粒子(炭酸水素ナトリウムやグリシン)をジェット噴射で歯に吹き付けることにより、歯にこびりついた着色や汚れを落とす機器です。

 

通常のクリーニングでは落とし切れない、コーヒーや紅茶などで付いた茶渋やステイン、タバコのヤニを落とすことができるので、歯本来の白さを取り戻すことができますglitter
また、インプラントや詰め物なども傷つけず優しくクリーニングすることもできます!

 

1


歯についた着色が気になる方はお気軽にご相談ください!!

最後まで読んで頂きありがとうございましたnico

 


歯科衛生士 竹田

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2020.09.29更新

みなさんこんにちは!
歯科衛生士の竹田ですnyan
夏も終わりだんだんと涼しくなってきましたね!

 

さて、今回は「エアフロー」についてお話ししたいと思います。

エアフローとは、非常に細かいパウダー粒子(炭酸水素ナトリウムやグリシン)をジェット噴射で歯に吹き付けることにより、歯にこびりついた着色や汚れを落とす機器です。

 

通常のクリーニングでは落とし切れない、コーヒーや紅茶などで付いた茶渋やステイン、タバコのヤニを落とすことができるので、歯本来の白さを取り戻すことができますglitter
また、インプラントや詰め物なども傷つけず優しくクリーニングすることもできます!

 

1


歯についた着色が気になる方はお気軽にご相談ください!!

最後まで読んで頂きありがとうございましたnico

 


歯科衛生士 竹田

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2020.09.25更新

こんにちは。
夏が終わりそうで、少しずつ涼しくなってきましたね。
秋といえば、食欲の秋!
美味しいもの食べた後は、しっかり歯を磨いて、虫歯予防をしていきましょうねni

さて、「印象」をご存知ですか?
印象とは、歯科では歯型を取るという意味です。
そこから石膏で歯の模型を作り、技工士さんが詰め物や被せ物を作ってくださり、皆様のお口の中にセットされていくのです。

印象は、当院では2種類あります。
1つ目は、アルジネート寒天連合印象です。
一般的な印象材料で、適度な粘度のため口腔内での不快感が少なく、操作性が良く、早く固まるという特徴があります。
しかし、水分が多く含まれているので経時的に蒸発するため、収縮・変形しやすいというデメリットがあります。

よって、詰め物や被せ物の適合の誤差が生じやすい印象材になります。
ピンクの粘土のような冷たい材料で、一度はこのアルジネートで印象をとったことがある方が多いのではないでしょうか?

2

 

2つ目は、シリコーンゴム印象です。
シリコンは、日用品や医薬品、接着剤等いろいろなものに用いられていますが、実は歯の印象にも使われます。
シリコーンゴム印象材は、硬いものから柔らかいものまで様々あり、水を含まないため経時的な変形を抑えられます。

しかしアルジネートより固まる時間が2倍以上かかります。

シリコーンゴムは寸法安定性に優れ、精度の高い型取りができます。

1

 

当院ではそれぞれの印象材の特徴を踏まえ、型取りをしています。

また、トレーも様々なサイズを用意しているため、患者様に合わせた型取りをしています。
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談ください!

 

歯科医師 野田

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2020.09.15更新

こんにちは!

今回は当院でおこなっているインビザラインというマウスピース矯正治療の症例報告です。

4

 

 

患者様は下の歯の歯並びを気にされ、矯正治療を希望されました。

今回のケースでは、歯並びはそれほど悪くなかったため、従来のワイヤー矯正ではなくマウスピース矯正をおすすめさせていただきました。

 

<治療前>

3

 

<治療後>

8

歯並びがきれいになっていますね!

なんと矯正治療の期間は4ヶ月ほどでした!

マウスピース矯正は目立たないだけでなく、難しい症例を除けば短期間で治療が完了できる良い矯正治療法です。

当院では矯正治療終了後にどのような歯並びになるか、簡易的なシミュレーションが無料でできます。

歯並びが気になっている方はぜひドクター、スタッフまで御相談してくださいね。

 

歯科医師 津川

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2020.09.12更新

こんにちはnote2
だんだん涼しくなってきましたねni

突然ですがみなさん!仮歯とは一体どんなものなのかご存知でしょうか?

仮歯というのは歯を治療する際に一時的にはめておく被せ物のことをいいます。

 

1

 

【 仮歯の大切な役割 】
◎口腔内で起こる変化の防止
被せ物の治療では、歯質を比較的多く削ります。

隣や噛み合わさる歯がないと歯は少しずつ動いてきてしまうので、仮歯をいれることで口腔内の状態を維持することができます。


◎審美面の回復
特に前歯の場合は見た目が悪くなるので歯がないと困りますよね。


◎咀嚼機能の回復
仮歯があることによってお食事がしやすくなります。


◎歯への刺激の遮断

神経の生きている歯では仮歯をいれることによって知覚過敏の症状を抑えることができます。


◎実際にできる被せ物の形の確認
最終的な被せ物を作製する前に、患者様個人に合った形の仮歯を作り、本当にその形態でよいのか、不具合はないかを確認するために一時仮歯をはめて生活していただきます。

 

【 仮歯をはめている時に気をつけること 】
◎硬いものを噛まないようにする(仮歯はプラスチックでできていて割れやすい)
◎ガムやキャラメルなどの粘着性のあるものを食べない(仮歯は仮付け用の接着剤でつけるので外れやすい)
◎デンタルフロスの使い方(入れた方向に引き抜くと外れる可能性があるためフロスは横に引き抜く)

 

仮歯が欠けてしまったり取れてしまった場合は、捨てずにできるだけ早めにご連絡していただいてお持ちくださいleaf

長期間仮歯のままにしておくと、汚れがつき新しい虫歯ができてしまうため
最終的な被せ物を入れるまで頑張って治療に通いましょう!gya!

 

歯科助手 木村

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

2020.09.02更新

こんにちはflower2

蒸し暑い日が続きますが朝晩の空気に秋の気配を感じますね。

新型コロナウイルスの感染拡大予防の為、当院でも検温にご協力頂いておりましたが、新しく検温の機械を導入致しました!

12

受付の中央に設置してあります。

非接触型の検温機になります。マスクを付けたままモニターに顔を写すだけで精密に体温が測れるようになりました。

なお、37.0度を越えた場合は診療を控えさせて頂いております。御了承下さいませ。

検温だけでなく、万全の感染予防対策をとっておりますのでどうぞ安心して御来院下さいませni

 

歯科助手 一之瀬

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター