成人・小児の矯正について

スウェーデン流の矯正治療

矯正治療は、子どもから大人まで受けることができます

矯正治療と聞くと、「子どものうちしかできないものだ」というイメージがあるかもしれません。しかし、矯正治療はお子様のための治療ではなく、幅広い年齢層が受けられる治療なのです。矯正治療は、単に見た目を良くするだけではなく、以下のようなメリットがあります。

1噛み合わせを改善することで、食べ物が良く噛めるようになるので、胃腸障害の改善が期待できる。

 

2発音が明瞭になる。

 

3口元のコンプレックスを解消し、大きな口を開けて笑ったり、話をすることができるようになったり、自尊心を取り戻したりすることができる。

 

4口元を、患者様に合った形で、美しくデザインすることができる。

歯科先進国スウェーデンで学んだ、矯正専門医が在籍

当院では、歯科先進国スウェーデンで矯正歯科専門医の資格を取得した石川が、皆様の矯正治療を担当させていただきます。皆様にとって適切な矯正時期や、最適な矯正方法を、科学的根拠をもとにご提案いたします。

石川も30代半ばで矯正治療を受けた経験があり、矯正治療を受ける患者様のお気持ちがよく理解できます。そのため、患者様の気持ちに寄り添いながら治療を進めていくことができます。

矯正専門医のご紹介

矯正担当専門医

石川 基
Motoi Ishikawa

略歴

2001年 新潟大学歯学部 卒業
東京医科歯科大学顎口腔外科分野 入局(~2006年)
2011年 イエテポリ大学 留学
2014年 イエテポリ大学矯正歯科専門医育成コース 卒業

保有資格

  • スウェーデン矯正歯科専門医ライセンス認定
  • 日本顎関節学会専門医

小学生のお子様がいる親御様へ

8歳前後になったお子様には、噛み合わせの悪さ(不正咬合)が、顔貌や歯並びに現れ始めます。しかし、早めに治療を開始することで、出っ歯や受け口になる可能性を減らすことができます。特に、ご家族の中で歯並びが気になる方がいらっしゃる場合は、早めに当院までご相談されることをおすすめいたします。

よくあるご質問

Q

子どもの周りのお友達が、みんな矯正を始めています。うちの子も歯並びが気になるのですが、早めに始めた方が良いですか?

A

症状や患者様のお口の状態によって、矯正治療を始める最適な時期があります。ただし、受け口の場合は、早めに矯正治療をおこなうことで、将来的な顔貌や歯並びの改善が期待できます。

Q

小さいうちに矯正治療を受けることで、将来的に綺麗な歯並びが保てますか?

A

顎の成長や永久歯のサイズが将来的にどのようになるかを正確に予想することは難しいため、早めに矯正治療を受けたとしても、新たな歯並びの問題が起きる可能性があります。もし新たな問題が発生した場合は、固定式の装置を用いた本格矯正を行う必要があるかもしれません。

Q

治療期間はどの位かかりますか?

A

通常、平均6ヵ月~1年間で治療が終了するよう計画を立てますが、患者様の協力度合いによって治療期間は異なります。

CASE1:反対咬合(受け口)

前歯が出ていることで歯を折ってしまった、9歳の女児のケースです。下顎が出ていることを気にされていましたが、矯正治療をすることで噛み合わせが改善され、自然な笑顔になりました。出っ歯の場合は見た目の改善だけでなく、上の前歯の破折を予防することができます。

CASE2:先天性欠損

生まれつき永久歯が2本ない、8歳女児のケースです。科学的データに基づき、4歳頃から、どのように歯を補うかなどの治療計画を立てました。当院では、パノラマ写真を撮影することで、先天性欠損があるかどうかを早期診断することが可能です。

CASE3:永久歯が正しい方向に生えてこない

6歳臼歯が前の乳歯にひっかかって、うまく生えることができなかった、7歳男児のケースです。矯正治療をおこなうことで、歯を抜かずに、永久歯をまっすぐ生やすことができました。

東京医科歯科大学流(藤田先生流)の矯正治療とは?

不正咬合の原因に基づいた治療を目標としており、審美性だけでなく機能性を重視することで、長期安定性の高い治療を行います。治療には改良超弾性型チタンニッケル合金ワイヤーを用い、弱い持続的な矯正力によって効率的で安全、痛みの出にくい治療が可能です。

藤田先生に治療をしてもらうことで、どのようなメリットがございますか?

  • 大学病院に準じた治療
  • 治療後の安定性を見据えた機能的な咬合の獲得
  • 精密な検査結果に基づいた治療
  • 無駄のない効率的な治療
  • お子様の治療もお任せください

HPの矯正ページをご覧いただいた方にコメントをお願いいたします。

数あるHPから当院矯正ページをご覧いただき誠にありがとうございます。
大学を卒業して15年。ひたすら矯正歯科臨床に従事してまいりました。
矯正歯科治療はやらなければならない治療ではなく、患者さんに納得して選んでいただく治療であると考えております。そのため説明とコミュニケーションを最重要視し、私の経験を活かした医療をみなさまに提供できれば幸いです。よろしくお願い申し上げます。

中・高校生および大学生の皆様へ

歯科先進国である欧米では、歯並びがきれいなことは、ひとつのステータスとされています。歯並びが良いかどうかが、人生に影響を与える場合もあります。ますますグローバル化が進む中で、将来は海外で活躍する方もたくさん出てくるでしょう。そのときに、グローバル社会の中で、仕事ぶりをきちんと評価してもらうためにも、歯並びが気になる方は、今のうちに治しておくことをおすすめします。
本格的な矯正を始めるタイミングとしては、永久歯が生えそろう12~15歳頃がベストです。

よくあるご質問

Q

治療期間はどのくらいですか?

A

患者様の症状や治療の難易度によって異なりますが、平均すると2年程度かかります。途中で治療を中断すると、これまでの治療が水の泡になってしまうため、海外留学などと重ならない時期に治療を受けられることをおすすめします。

Q

通院頻度はどのくらいになりますか?

A

効率よく歯を動かすためにも、1ヵ月おきの来院をおすすめしています。途中で来院されなくなると、満足の行く結果が得られないことやリカバリーに時間を要することもあります。

Q

笑うと見える金属が嫌で、治療をためらっています。

A

当院には、「見えない装置(舌側矯正装置)」のほか、セラミックでできた透明で目立たない装置もございます。ご希望の方はカウンセリング時に、当院のスタッフまでご相談ください。

成人の皆様へ(ケース別、Q&A)

年齢を重ねるにつれ、歯並びが変わってきたと感じることはありませんか。実は、上の歯は、加齢とともに前方に動く傾向があります。特に、歯周病にかかった経験のある方は、歯が前に出るペースが早くなるため、気になる方は早めに矯正治療をされることをおすすめします。

よくあるご質問

Q

矯正治療は何歳まで受けられるでしょうか?

A

むし歯や歯周病などがない、健康な歯と歯肉の持ち主であれば、何歳でも受けていただけます。

Q

大人になってから、矯正器具を着けることに抵抗があります。

A

矯正器具の見た目が気になる方のために、当院では、セラミックでできた「目立たない装置」や、歯の裏側にワイヤーを装着する「舌側矯正装置」もご用意しております。

Q

治療期間はどのくらいですか?

A

治療の難易度によって異なりますが、部分矯正であれば3か月~1年、全体矯正であれば半年~2年が目安です。

CASE1:

歯周病によって、上下ともに歯が動いて前に出てきてしまい、下唇に歯が当たって口を閉じられず、会話や食事も困難になり、他人の視線も気になるという40代女性。加齢によって歯が移動しても、矯正治療をおこなうことで、歯を引っ込めることができました。

CASE 2:

下の前歯のデコボコが気になっており、むし歯で失った奥歯にインプラントを埋入した後に、矯正治療をおこなった50代女性。インプラントを矯正治療に利用した場合、難易度が高くても、より正確にかつ迅速に歯を動かすことができます。インプラント治療をお考えの際は、矯正治療も合わせておこなうことをおすすめいたします。

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター