歯を抜かなければならない方/抜いた・抜けた方

他院にて抜歯と言われた方は横浜エス歯科クリニックへ一度ご相談ください。
歯を残せるかどうかの見極めを行える技術・設備が当院にはあります。

抜歯と診断された方へ

当院ではご自身の歯を残すことを最重視しております。
最新の技術(マイクロスコープ、歯科用CT)を用いることにより肉眼では確認が出来ない、歯の根っこの部分を診断することが可能です。
過去にも、膿の病気で歯を抜くことは避けられないと診断されたケースや様々な要因にて抜歯と言われたケースも精密顕微鏡治療を行うことにより、歯を残す可能性が高まり、状況によっては可能となります。
歯は一度抜いたら戻りません。
あきらめずに、セカンドオピニオンとしてでも一度お気軽にご相談ください。

歯を抜かなければならないと診断された方へ

インプラント、義歯、ブリッジなど、複数の選択肢をご用意

「歯を抜かなければならないと診断された」あるいは「何らかの原因で歯が抜けてしまった」という方のために、当院では、インプラント、義歯、ブリッジといった選択肢をご用意しております。

患者様のご要望に沿った形で治療を進めてまいりますので、最初のカウンセリング時に、当院スタッフまで遠慮なく何でもご相談ください。

インプラント

高度なスキルと豊富な経験を持つ「インプラント専門医」が治療を担当

当院では、インプラント専門医として十数年のキャリアを持つ歯科医師が、非常に精密なインプラント治療をおこなっております。そのため、一般的には難しいとされる、骨の厚みや幅を増成する「サイナスリフト」や、ブロック骨移植といった治療も可能です。他院で治療を断られた方でも、治療可能な場合があります。ご興味のある方は、当院スタッフまでご相談ください。

当院では、歯を残せる方に対しては、インプラント治療をおすすめしておりません。綿密に検査をした上で、本当にインプラント治療が必要な方のみ、必要最低限の本数を埋入することを提案させていただいております。

ブリッジ

ブリッジに不具合や違和感が生じたら

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を削って土台とし、橋(ブリッジ)をかけるように義歯を補う方法です。保険内診療が可能なため、コストは安くすみます。しかし、土台となる歯が弱くなってぐらついたり、最悪の場合は抜けてしまったりすることもあります。

そのため、すでに装着済みのブリッジに不具合や違和感があるといった患者様には、安全性の高いインプラント治療も提案させていただいております。

入れ歯治療

当院では精密義歯を使用

従来の入れ歯は、外れやすい、違和感がある、こわれやすいなど、さまざまな問題がありました。当院では、型取りをする段階から、マイクロスコープを使って精密に型を作製する「精密義歯」を提供させていただいております。

設計、素材、人工歯の材質に制限が無いため、入れ歯特有の問題や悩みを解決することができ、「噛める」「話せる」「違和感が少ない」「美しい」フルオーダーメイドの入れ歯を手にいれることができます。

当院で義歯をつくるメリット

  • マイクロスコープを使用して、2回 or 3回法による型取りをおこなうことにより、精密にフィットする義歯を作ることができ、痛みが生じにくい
  • 症状に合った丈夫な素材を選択し、自由に設計できるため、粘膜や他の歯に負担をかけにくく、違和感が少ない義歯を作製できる
  • 自然な口元に仕上がるため、審美性に優れている
  • においや汚れがつきにくく、衛生的

精密義歯(総入れ歯)

金属床義歯 (コバルトクロム・チタン床)

  • 設計(義歯の構造)、症例の難易度により、費用は 3 段階で設定しております。
  • 基本はコバルトにて作製しますが、別途+¥100,000 でチタン床への変更も可能です。
  • 症例の難易度(顎堤・粘膜の状態)により、別途+¥50,000 で治療用義歯を作製する場合があります。
  • 専任の歯科技工士が立ち会いのもと、治療を進めていきます。

インプラントオーバーデンチャー(IOD)

インプラントオーバーデンチャーとは、多くの歯を失ってしまった場合に、必要最低限の本数だけインプラントを埋入し、その上からインプラント用の入れ歯をいれる方法です。金属床義歯の費用に、インプラントオペの費用が別途かかります。

保険義歯

レジン床を使用して作製する従来の入れ歯です。保険が適用できるため、比較的安価ではありますが、厚みがあって違和感が強い、におい・汚れがつきやすい、破損しやすいといったデメリットもあります。

精密義歯(部分入れ歯)

部分入れ歯も当院におまかせください

  • 設計(義歯の構造)、症例の難易度により、費用は 3 段階で設定しております。
  • 別途+¥ 50,000 で、金属のバネを「ノンクラスプタイプ」に変更できます。
  • また、別途+¥ 50,000で、舌感が良くなって違和感が小さくなる「メタルアップ」に変更できます。
  • 基本はコバルトにて作製しますが、別途+¥100,000 で、チタン床への変更も可能です。
  • 専任の歯科技工士が立ち会いのもと、治療を進めていきます。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用しないため、見た目にはわかりにくい入れ歯ですが、適用できる症例は限られます。

保険義歯

部分入れ歯も保険診療で作成可能です。

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター