審美歯科

見た目を綺麗にする審美歯科

最も美しく見える「ゴールデンプロポーション」とは?

審美歯科では「きれいな歯」をつくることが求められますが、単に歯のみに着目しただけでは、患者様の顔貌のバランスを崩しかねません。当院では、誰が見ても美しく見える比率である「ゴールデンプロポーション」を基に歯を作製。噛みあわせはもちろんのこと、歯の長さ・大きさを仮歯の段階で微調整しながら、最も美しく見える歯をデザインします。

むし歯や歯周病などの症状があれば、そちらをまず治療して、健康な口腔環境をつくってから審美治療をおこないます。当院では治療前に必ずカウンセリングを行い、コストやメリット・デメリットをしっかりとご説明したうえで、患者様に複数の治療計画案から治療法を選択していただくため、安心して治療に臨んでいただけます。

精密審美歯科

顕微鏡で最終調整して、ぴったりフィットする歯をあなたに

技工所から上がってきた詰め物や被せ物は、患者様の周りの歯に合うように、肉眼で見ながら削っていくことが一般的です。当院では、型取りの段階からマイクロスコープ(顕微鏡)を使用するため、最初の段階から精密な歯を作製します。

技工所から上がってきた詰め物や被せ物は、経験豊富な医師が、マイクロスコープを使用しながら削っていき、細かい部分まで調整します。歯の凹凸にぴったりフィットした詰め物や被せ物を作製することができるため、すき間から細菌が入って、むし歯や炎症を起こすリスクも減らすことができます。

ホワイトニング

デュアルホワイトニングがおすすめです

ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。オフィスホワイトニングは、ご来院いただいて薬液塗布と光照射で歯を白くする方法です。

一方、ホームホワイトニングはご自宅で薬剤を塗布したマウスピースをはめておこなうものです。オフィスホワイトニングと比較すると、白さを実感するまでに時間がかかりますが、ご自宅で手軽にケアできるのがメリットと言えます。

より効果を実感していただくためには、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する「デュアルホワイトニング」がおすすめです。

ホワイト二ングの流れ

初回来院

  • 患者様の現状の歯の色を確認するため、歯の写真を撮影
  • 口腔内のチェックとクリーニング

※ホームホワイトニングを併用する場合は、マウスピースの型取り

2回めの来院(初回来院から1週間後)

  • 薬液塗布と光照射によるホワイトニング(約1時間)

※ホームホワイトニングと併用する場合は、マウスピースのお渡しと使用方法の説明

3回目の来院(オフィスの場合は、施術から1週間後・ホームの場合は、ケア開始から2週間後)

  • 白さのチェック

※必要に応じて表面のコーティング

スーパーポリリンホワイトニング

従来のホワイトニングで使用する過酸化水素にポリリン酸ナトリウムを混ぜて使用するホワイトニングとなります。
しみにくく、痛みを感じることは非常に少ないのこと特徴なので、ホワイトニングを経験された方で痛みを理由に敬遠されていた方にもおすすめです。
あわせて、歯の着色の汚れを落とし表面をコーティングするので、術後の食事制限がないのも特徴です。
また、コーティングをすることにより、予防の一環としても活用されています。

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター