クリニックブログ

2019.06.02更新

こんにちはni

 

今回は歯肉炎についてです!

みなさん歯肉炎って聞いたことありますか?

歯肉炎とは、その名のとおり歯肉(歯茎)に炎症が起こっている状態をいいます。

 

歯肉炎が起きる最も大きな原因はプラーク(歯垢)です。

プラークとは、歯や歯と歯ぐきの間に付着した細菌の塊のことで、

この細菌が持つ毒素が歯肉に侵入すると、身体が毒素の侵入を防ごうとして炎症を起こしてしまいます。

 

プラークは丁寧にブラッシングすることで落とすことが可能ですが、

磨き残しがあると唾液中のミネラルと混ざり合って石のように硬い歯石に変化してしまい、

通常のブラッシングでは取り除くことができなくなってしまいます。

更に、歯石には歯垢が付着しやすいため、悪循環に陥って症状が進行していきます。

症状が進行すると歯周病(歯槽膿漏)になってしまうので注意が必要です。

 

 1

4

写真を見てみると、下の前歯は歯の表面にプラークや歯石が付いており、歯肉もプクッと赤く腫れていますね。

 

歯の裏側も見てみましょう。

 2

歯と歯の間が歯石で埋め尽くされており、歯肉も炎症を起こしていますね。

 

プラーク1mg中の細菌数はなんと約10億!!!

それがお口の中にずっと溜まっていると考えると恐ろしいですね…

 固くなった歯石は歯ブラシなどで落とすことはできないので、歯医者でクリーニングをして綺麗にしていきますglitter

 最近クリーニングしていないな、歯茎から血が出るなど、

何かありましたらご連絡下さいnyan

 

衛生士 柗本

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター