クリニックブログ

2019.05.22更新

こんにちは!

 

今回はマイクロエンド(精密根管治療)を行なった患者様のケースをご紹介します。

先ずマイクロエンドはどういった治療かというと、顕微鏡(マイクロスコープ)を使用して、

複雑な歯の根を綺麗にする治療です。

歯の根っこは肉眼では全くと言っていいほど見えません。

手探りで感覚と経験を頼りにやらざるを得ないため、根の先が膿んだり予後が悪かったりします。

根管治療の成功率を上げるために顕微鏡は必要不可欠です。

そんなマイクロエンドを行なったケースのレントゲンをご紹介します。

 

治療前

根の先に黒い影が見えていて、周囲の骨が溶けていることが分かります。

a

 

治療後約1年後

根の先の黒い影は消え、周囲の骨も再生しています。

a 

 

顕微鏡を使って根の治療をすることで、今まで何回治療しても治らなかった歯をしっかり直せたり、治療の成功率を上げることができます。

何かお悩みの方は、是非ご相談ください。

 

院長 粟野

 

 

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター