クリニックブログ

2019.02.18更新

こんにちは!

今回は、インプラントオペのご紹介です。
右下の一番奥の歯を失ってから何年も放置していたケースです。

11

レントゲン写真を見て頂くと、右上の一番奥の歯が他の歯よりも出てきてしまっているのがわかるかと思います。
これは、右下の奥歯がなくなり、噛み合う相手がいなくなってしまったことで、
上の奥歯が徐々に下へ出てきてしまったためです。

 

さらに放置した場合は、上の奥歯が下の歯肉にぶつかり、歯肉に痛みが出ることもあります。
対処法としては、出てきてしまった歯を削ることが考えられますが、
削る量が大きい場合は、知覚過敏を起こしたり、神経を取らなければならないこともあります。

 

このような処置をしなくても済むように、歯を失ったらそこにインプラントや
入れ歯、ブリッジを入れてあげることが大切です。

 


今回、患者様はインプラントを選択されました。

12

↑インプラント埋入後

 

インプラント埋入後は経過良好で、約3か月後には仮歯が入る予定です。
右の奥でもしっかりと物が噛めるようになるのが楽しみですね。手術お疲れ様でした!

歯科医師 津川

投稿者: 横浜エス歯科クリニック

横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター横浜エス歯科クリニック SDCインプラントセンター